京都マグリット展&錦市場で遊んできた。
さすがに疲れた。
昨日は朝から、3dayの乗り放題のカード使って京都に行ってきたよ。
JR以外の私鉄やバスが乗り放題(全てかは知らんが)で、3dayというのも、使ったが最後そこから3日ではなく、使用期限までなら、好きな日を3日分飛び飛びでもいいから選んで使えるというものだ。

金額を3(日間)で割ると¥1800弱ほどなので、日帰りで片道¥900以上の距離を旅行するか、片道で¥1800以上の旅行をすると初めてお得!となるのでよく考えて使おう。

まずは、11:30の開店に合わせて道頓堀のクンテープというタイ料理屋へ。
ここはランチサービスで食べ放題をやっているのだが、平日のみならず、土日もやってくれているというありがたい仕様。
さらにメール会員登録で割り引いてくれて、¥1100也。やっすw

グリーンタイカレー、トムヤムクンをはじめとして、ガッパイやパッタイ、辛い春雨サラダやチキンのミンチのバジル炒めなどなど、全種類に手を出した頃には、もう満腹というくらいの種類がある。
ガッパイとパッタイ、タイカレーが好きなかさばる兄さんだが、
真の目当ては、飲み放題のソフトドリンク、レモングラスティー。
甘い茶なんだが、妙に好きなんだよね。

以前ペットボトルで、カエルの卵のようなバジルシードの入ったのが¥400近くで売られてたんだが、
それが気持ち悪すぎていっこうに売れずw
近所のスーパーで¥100で投げ売りされてて、そんときに買ってみてハマったw
レモングラスティーのティーバック探してみようかなぁ。

そして、友人と二人していきなり食い過ぎ飲みたらふく過ぎのスタートw
本当になにやってんだw

地下鉄に乗って御堂筋線淀屋橋まで。
そこからさらにお京阪の特急で、座席をゲット(追加料金なし)淀屋橋が始点なので助かった。
そこから三条まで一時間近くの間、たらふく食ったので本能のおもむくままに寝る。(野生)
新たなワイルドな面を魅せるかさばる兄さん。
今後は換えの下着を用意してから日記を読むことを推奨します。

sanjyouekimae.jpg

三条で地上に出て、市営バス五番を探すがわかりにくい。
ここかと思ったトコにやってきたバスの運転手に聞いたら、
道を渡った反対側が五番で、もうすぐ来るよと教えてくれた。

道を渡って待つと、違う方面行きのバスが来て、さらに待ってようやく目当てのバスが来た。
これは大阪人と京都人との時間感覚の差なのか。

ざっと1.2kmバスで移動して、超でかい鳥居の平安神宮で降りる。(なんちゃら公園っていう降り口)
いつ見ても笑える構造物だ。

bijyutukan.jpg

そこからすぐに目当ての美術館発見。
そこにはマグリット展とルーブル博物館展の両方の旗がひらめいており、
嫌な予感が的中。本館を2つに割って、左右で2つの催事を行っていたのだった。
我々はマグリット展の優待券を持っていきているので、当然マグリット側へ。

ああ、もう展示点数に期待が持てない;;


実は単体としてのマグリットを見に来るのは初めてだ。
今までは「シュールレアリスト展」的なくくりの中で数点見たことがあるのみ。
よく調べずに来ているが目当ては「ピレネーの城」「白紙委任状」「タイトルわすれたけど、ミカンにドミノマスクかぶせたやつ」などである。

まずは幼少期の作品などからだ。
こういうのって、昔は全部食い入るように見ていたが、
今回は誰が書いたものであれ、ぐっと来ないものはぐっと来ないので、
さらっと流し見することにした。
しばらく美術展に行かない間に見方が変わった自分に驚いた。

そこからシュールレアリズムへの傾倒。
ダリにしろマグリットにしろ、提唱者プルトンとの確執が説明文で書かれている。
プルトンさん、敵が多すぎw

まだ若干の筆致の粗さ、タイトルの厨二感と実際の絵との比重がどうにも馴染めず、割に流し見傾向。
さらに戦争が始まり、その反抗としての柔らかく、明るい印象派のようなタッチへと変貌。
どうにもちぐはぐしていて、この時期がかなり面白みが薄かったかな。個人的に。

で、いよいよ50歳だか60歳だかを超えたあたりで、いよいよ自身への回帰を果たすマグリット。
固めのタッチで、全体のトーンが暗くなってゆく。
この頃が一番好きだな。
と、思ったら終了。
見終わってしまった。

・・・とはいえ、初見の作品も多く楽しめたものではあった。
興味のある方はマグリットで検索して見てみて。

美術館を出るともう15時。
目の前に停まったバスは既に乗車しようとする人が溢れてて絶望したので、
たかが1.2kmと歩き始めることにした。
途中でセブンイレブンに立ち寄ると京都限定っぽいお茶発見。
通常より小さなペットボトルで¥150だか¥160だか。
味は抜群で、疲れてる時にすごく効いた。

なんとか三条の駅まで戻り、駅まわりにぐるっと囲うように存在する食べどころに
カフェ発見。身を寄せる事に。
歩いている間、風はあるんだが熱波で、照りつける太陽と共に熱中症寸前に追い込まれたからだ。

そこで¥900近くするものの、ほうじ茶かき氷を注文。
そこから待てども待てども、注文したかき氷が来ない。
ぼくたちだけでなく、まわりの人たちのかき氷も来ておらず、隣のカップルも気まずそうにだれてた。
やがて45分ほどしてようやく運ばれてきた。
先程も書いたが、これが京都人の時間感覚なのか?

nishikiitiba.jpg

三条から鴨川を渡り、錦市場へ向かう。
狭い通りだが、活気があふれていて買い食いしながら歩くのが楽しいw

nishiki in

練り物やコロッケなどを買い食いしつつ、最後に氷に突っ込んだ棒に挿したキュウリを食って締め。
錦市場を貫通してそのまままっすぐ進むと錦天満宮という神社がある。

nishikitenmanguu.jpg

中の水で手を清める。
7~8度の水がたまらん気持ちいい!

oushisama.jpg

そして祈願。
SD選手権に作品が間に合いますようにw

最後に鴨川でしばらく身体を投げ出して夕涼み。
やや生ぬるい風ではあったが、夜になるとかなり涼しくなるのではないだろうか?
水の音が心地よい。
kawadoko.jpg

すぐとなりに川床があり、サラリーマンやら、家族やらが楽しそうに会食しているのが見える。
多分向こうからもこっちを見てて、
「ククク・・・人がアリのようだ・・・。」とか
邪悪な笑みを浮かべているに違いない。

写真の左下にはサギが。
きっと川床から料理の魚とかを投げ与えてもらった経験があるんだろう。
京都は水鳥までもがしたたかだw

結局、大阪に帰ってきてから、天神祭かなんかの花火大会の帰りの客などでごった返して、
ぎゅうぎゅう詰めに;;
家までは本当に辛かった;;


楽しかったけど、夏は夜以外行かないぞと誓ったかさばる兄さんなのであった。w



*使用カメラはSIGMA DP-1X
コンパクトカメラにAPS-C相当のフォビオンセンサーを放り込んだ変態カメラ。
今回も1/4くらいはブレて使い物にならなかったw
瞬発力の必要なシャッターチャンスに弱いと痛感するが、
出てきた画を見るとハマるんだよなぁw
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2015/07/26 23:31] | 旅行の話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
いきあたりばったり旅行 IN 砥峰高原&峰山高原(その3)
そういや今日から8/3までの間、ローソンでiTunesカードを購入すると¥5000に付き¥500円のポイントコードがもれなく貰えるらしいよ。
1割という意味ではなく¥5000枚にだから、バリアブルで金額指定で買う場合は¥5000であっても¥9999であっても¥500しか貰えないので¥5000の倍数で購入するのがお得らしいです。
普段からiTunes上でコンテンツやアプリの購入などをしている人はぜひ。
詳しくはここを熟読してね。


さて、前回テレビ版パタリロ最終回、霧のロンドンエアポートみたいになった我々は車内で、少し前にぴあから発売になったカレーライスの本を取り出し、晩ご飯のカレーを選ぶ。
カレーはなんというか、皿の上に爆誕した宇宙やね。おいしそう過ぎて決まらんっw

そんなこんな言ってるうちに霧が晴れて来たので早速移動。
少し下った所でハンドルを切り、砥峰高原へ。

見晴らしのいいヴューポイント(巻き舌)に駐車場と道の駅的なものが立ってるので車を停めて早速景観を眺めに。

砥山高原1

小さな湖と。

砥山高原2

目の覚めるようなグラスグリーン。小さくこんもりとした、山というより丘陵っぽい稜線。
だがやはり霧ってる。
本来ならばこの丘陵を眺めながら散策できるように道があるようなので、ゆっくり巡って美しい俯瞰風景をお届けしたいところであるが、以前雨は降り続いており、先ほどの森のように木々が傘の役目を果たしてくれないので断念。
道の駅に入ってみる。
中には清盛定食みたいな便乗系の定食を扱う料理店とおみやげ屋、そして先ほどのヴューポインツ(さらに巻き舌)から撮影した写真の公募でもしてたのか、美しい写真が展示されていました。

約90haに及ぶススキの草原が広がる高原が四季を通じてめまぐるしく様相がかわる模様がすばらしかったです。冬は一面雪化粧をほどこされ、毎年3月には山焼き、9月に観月会、10月にススキまつりとイベントも多いようですね。ぜひ山焼き見てみたい!

また、映画「ノルウェイの森」、大河ドラマ「平清盛」「軍師官兵衛のロケ地にもなった模様。
それはいいけど、

砥山高原3

これはないんじゃなかろうか。
一刻も早い撤去を望む。


そこから、再び下山。名前忘れたが道の駅を発見したので休憩。
アイスが¥250で売ってて買いかけたが、おみやげコーナーでよく冷えたスイカをザク切りにして詰め込んだだけのデザートを¥200で発見。
早速購入。銘柄を聞くと大栄スイカだって。めちゃ糖度高くておいしかった!
んですごいでかいのが(中空で甘いヤツ)¥1500くらいから売ってたよ。
車の中で固定する手段がなかったので割れるかなと思い、買い控えたが本当に欲しかった。
アイスなんかより絶対オススメ。
写真撮っておけばよかった!

そして夕飯には大阪に舞い戻って、カレー本の総合グランプリの店、nidomiへ。
パーキングに停めてほどなく歩くと発見。
胸ときめかせながら階段を上がって行くと2Fの踊り場に女の子がいて、
「今日はイベントやってて、中でカレーもお出しできるんですが入場料として¥1100いただかなければ入れないんですよ〜」と。
食ってる間の駐車料金とイベント(何のイベントかもわからない)料金、そしてカレー代。
いったいいくらのカレーになるのかと。
「また次回にします。」
今回はnidomiは諦めた。
次回行く事あれば、あらかじめ電話で確認とってから行こう。

そんで、車を停め直すのも面倒だし、谷町はカレー激戦区との事なので、本に載ってる他の店に行く事に。

次に白羽の矢が立ったのはキートス
写真みたら美味しそうでさぁ。

実際着くとカレー屋というより洋食屋。こざっぱりして洗練された内装の中で会話を邪魔しない程度に音楽がかけられ、かなりの好印象。

メニューを見ながら悩む。
ぼくの財布からすると少々お高い値段の洋食がズラリ。だがどれも美味しそうな予感が襲って来て本来の目的を忘れてカニクリームコロッケとライスとか注文しそうになる。
いや、だめだだめだ!悪魔の誘惑に籠絡されてなるものか!滅せよ!
「すいません、カレーください」
「じゃ、ぼくこのビーフカツを。ライスはいらないです。」
ああ、友人が悪魔に籠絡された!おのれメフィストフェレスめえぇぇぇぇぇえええ!

・・・料理に夢中で写真撮影し忘れた;;

小麦を炒めた感じとはまた別のドロリとしたルーは、少しフルーティな甘さを持って口内に先制口撃を仕掛けてくる。
「おお、けっこう甘いk・・・」
甘いと断定するためにルーを飲み込む直前に辛味本体が進軍開始!
すこしだけ酸味がかった、なかなかの辛さが、油断した口内をおもうさま蹂躙。
甘みに調律されつつあった口内は対処不能!カウンターをくらったように味覚がもんどりうって倒れされてゆく。
だが統制のとれた本体辛味親衛隊は略奪、殺戮、強姦を禁じた完璧に調律された部隊であり、唐辛子だけで辛みを増したココイチのような蛮族の部隊とはわけが違う。いつまでも口内に残らずさっと辛さがひいていくのである。

「・・・これは・・・美味いぞ・・・」

静かな感動が体を貫通してゆく。
流れとはいえここに来て良かった!

いっぽうビフカツを頼んだ友人も目を閉じながら旨味の奔流に身をまかせているようだ。
断面を見せてもらうと美しいグラデーションで中の方がレアになるように加減されている。
また、衣は逆に存在感がギリギリの薄さ。
どう見てもサックサクだよ!温野菜のソテーも美味しそうだし。

二人して「美味い」を連発しながら食べて、最後に「本見て来ました!おいしかったです!また来ます!」と声をかけると、ぼくたちしか客がいなかったせいか、入り口の外まで見送ってくれました。
良い店だと思うので、みなさんも谷町4丁目付近に行く事あればぜひ。
記念日に予約入れていくのにも素敵だとおもいます。

キートスのサイトはコチラ

ああ、良い旅行だった(食ってばっかw)

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/22 20:44] | 旅行の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いきあたりばったり旅行 IN 砥峰高原&峰山高原(その2)
さて、前回の散策で軽く腹ごなしした我々は、目的そのものをデリートしたので、新たに目的地を設定。
高速に乗ってほどなく走れば砥峰高原に着くらしいので、高原の涼しさに心招かれて向う事に。

で、高速乗った瞬間にバケツひっくりかえしたような雨と神鳴り(厨二的表現)に襲われる。
ゲートくぐった瞬間に天気が変わるその様は「551のあるときー(ぽわわわわん)ないときー(ピシャアアアアアア!)並の変化である。大阪圏で551のCM見た事無い人には全く伝わらないこと請け合い。(書くなw)

やがて雨がぽつぽつくらいになってきた頃、峰山高原に到着。
車を停めて、ポツポツくらいの雨の中、傘を持って来ていなかったので、ほんの少しだけ散策することに。
すぐ近くにある「リラクシアの森」という、「ノルウェイの森」の撮影地にもなった森林散策道を歩いてみる。

ノルウェイの森

「おぉ、これが村上春樹のあの有名なノルウェイの森の撮影場所か!なんだかそれっぽいな」(*ぼくはこの作品を小説のタイトルしか知りません)
「なんかノルウェイって感じやねー」(*友人も同じw)

・・・話が膨らまないwww

「なんか曲名で聴いた事あるような?」
「ビートルズじゃね?にゃーんにゃんにゃんにゃんにゃー、にゃんにゃんにゃんにゃー、にゃんにゃんにゃんにゃーってやつ」
「ああ、シタールっぽい音のやつやね。そういや昔買ったベストに入ってなかったなぁ。ブラックバードも入ってなかったし。And I Love Herも入ってなかったような。あ。あと、エイスワンダーもこんな感じのタイトルの曲うたってなかったっけなぁ・・・違った、モンマルトルの森だっけか」

・・・何故か音楽の方に広がったw

ノルウェイの森2

森の中はこんな感じで、雨のせいかやや柔らかい樹脂を敷き詰めたような踏み心地の道が用意されており歩きやすい。上部で重なり合った葉のおかげでパラパラとした雨くらいならほぼ濡れずに歩けた。
ややまばらな木々の感じは、これでもかとうっそうと茂った、自身の生家の近隣の森とは違い外国の森林公園とかこんな感じかなと思わせるくらいの違いがあってなかなかに個性的。

ノルウェイの森3

雨が降ってるせいもあって涼しい。高原なので晴れててもある程度涼しいかも。
道は途中で大きく二つに分かれる模様。
全体を回るコースに入りたかったけど、開けた場所を通るみたいで、雨に濡れるのと、道が粘土質で練って歩いてしまいそうな部分が見えたので辞めた。
晴れの日に行く事があればぜひ回りたい。
なのでバリアフリーウェイだったかそんな名前の整地された道だけ一回りして戻る事に。

そして森の入り口に戻ってくると、急激に霧に覆われて幻想的な雰囲気に。

ノルウェイの森4

「なんかノルウェイの森って感じやね!」(くどいようですがぼくは内容を知りませんwww)
「ほんまほんま、この幻想的な感じまさにノルウェイ!」(くどいようですが友人も同上www)

ノルウェイの森5

むしろハリーポッターっぽいと思う。

ノルウェイの森6

駐車場に向うが道がこの有様。アーリーサマーなだけに!(ドヤアアアアァァァァァ)

ちょっと霧が走行可能なくらいに晴れるまで車の中で待つ事に。

(写真多すぎるのでさらに次回に続く)


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/21 11:06] | 旅行の話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
いきあたりばったり旅行 IN 砥峰高原&峰山高原(その1)
昨日、朝から友人に誘ってもらって、兵庫県に日帰り旅行に行ってきました。

とりあえず、ネタ的な話で流し素麺見っけたから食いに行こうぜというスタートでとりあえず乗っかったという。
戸倉峠 滝流しそうめんだったと記憶してるんですが、公式サイトの写真がコレ。
nagasi.jpg
流し素麺の定義はわからんが、ぼくが個人的に思い描いてるのとは似非である。

ぼくのイメージでは流れてくる川に対して人間はサイドからアタックを仕掛け、取りこぼさないようにしなきゃ!的なスリルを味わう感じと思うんだよね。

あくまで写真から得られる情報量だけでの話であるが、この一人一本の川があてがわれ、最終地点で皿を置いて、ただ流れて来るのを待つだけで確実に皿に麺が「箸で掴む事なく」溜まって行く現象を流し素麺と言ってよいのであろうかと。

字ヅラ的には満たしてるからジャロ的にはいいのかもしれんがぼくのインナーでは断じて違う。
約束されたエデンで飼いならされた衆愚政治のなれの果てで、人類が無気力になってコンピューターに隷属してしまったというようなSF世界にトリップした気分である。(逆に解りづれえええw)

・・・という話を、流し素麺で腹一杯になるのはコスパ悪いので、先に少し腹に入れとこうと、お昼に立ち寄った店で行ない、しかもその店の飯がうまかったので、このうまかった気分を似非流し素麺、略してNNSで上書きすることもあるまいという結論にいたり、NNSを食いにに出かけたのに、いきなり目的を撤廃するといういきあたりばったりな展開に。(我々のアドリブ旅行ではよくあることw)


ちなみに昼ご飯としてとりあえず気分で食べたらやたらとうまかった店がコチラ
もちむぎのやかたという店で、いわゆる冷や麦の亜種である、もちむぎを食べさせてくれる店みたい。
もちむぎの製麺やおみやげコーナーも備えた食品センターにレストランを常設した感じ。
中も綺麗で良かったです。

mochimugi.jpg
麦とろ定食で確か¥1080とかそんなんだっけ。¥1100はしなかった模様(inTAX)
なかなか美味しかったです。
もちむぎが気に入ったならおみやげコーナーで買って帰る事も可能。
近所にきたらぜひ立ち寄ってみてください。オススメ^^

細かい住所はサイトみてもらうとして、ざっくりで言うと民俗学の権威、柳田 國男の生家が保存された博物館のすぐ近く。
yanakidatei.jpg

ぼくもやりましたが食べた後に軽く散策してみてはいかがでしょうか。

kappa.jpg

なんかカッパもいるしw
一瞬、磁石のボールニギニギして、攻撃力上げるのに握力でも鍛えてるのかと思ったんだが、今こうして編集してる時に「あ!尻小玉か!」と気づいた。遅いわw

なんか遠くで遠雷が鳴り始めた。
・・・というところで次回につづく。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/20 08:08] | 旅行の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
青春りっしんべん。
タイトル見て爆風スランプ思い出した人音楽好きですねぇ。
タイトル見て八神くんの家庭の事情思い出した人重傷です。南無。

さて。青春18切符発売してますね。
まだ買ってないけど、あそこ行ったらどうだろう?ここ行ったらお得かな?とか妄想の中で旅程組むのがたまりません。鉄分(鉄道ヲタク成分)が低いので乗り継ぎとかほぼわからないけど。


でね。
いっつもこの切符の話をリアルでする時に
「青春18禁切符がさぁ・・・」と
間違えて笑われるのでいっそ、りっしんべん。そう、「性春18禁切符」というのを作るのはどうだろう?と。

電車代金+そういうお店の金額をパックにしてお得ですよというチケット。

例 真っ昼間に東京からすすき野(想像だけど真っ昼間すぎて安い?)>夕方にすすき野着>指定された店で指定された時間で堪能。(時間帯が早すぎるのですいてて安い?あるいは不人気な子あてがわれる)
翌日の始発かド昼間で帰ってくる。

こういうので安く提供できるとかどうよ!(ドヤアァァァァァアァ)

まぁ風俗行った事も興味もないんですがねw
(AVでいいですw)

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/19 12:15] | 旅行の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>