Rock in Japanに行った!(つもり)
kicksnareさんのブログに遊びに行ったらさ、
彼、ロックフェスを見に行ったみたいで。
その名もRock in Japan。

6つのstageにそれぞれのタイムラインで、いろんなアーティスト達がひしめき合っており、
好きなアーティストを求めて、stage間を移動したり知らないアーティストも一興と、同じstageに居座ったり、好きなアーティストの時間が被ってどっちに行こうか悩んだりするのを楽しむみたい。
BECKの名シーンのデカイバージョンだ。

んでココを見てるとね、自分だったらこう回りたいなーとか、
この日が一番いいなーとかあってさ、脳内でシミュレートしてるだけでも楽しくなってきたんで、
興味ある人は、全4日の中から好きな一日を選び、こんな風に回るっていうのをやってみてw
時間があれば、コメントで書いてくれると尚嬉しいかも^^
タイムテーブルはコチラ


それで、かさばる兄さんは・・・

8/8(土)をセレクト!

1:Base Ball Bearをフルで見て、
2:少し頭が被って見れないけどスガシカオに移動(フルに見る)
3:POLYSICSを全く知らないけど、次のWHITE ASHを初めからみたいので見て(そういうのもアリ)
4:同じステージでWHITE ASHを最後まで見ると。
5:その後も同じステージで家入レオなので、そのまま見て、最後までは見ずに、
6:GREAT3のステージに間に合うように移動して最初から最後まで見る。
7:次にTHE BACKHORNを見て、
8:ABEDON+OT(本来ユニコーン枠)のイントロに間に合うように移動して見る。
9:ゆっくり買い食いして時間つぶしながら、パスピエに間に合うように移動。
10:そのままNothing`s Carved in Stoneで〆!


うぉおおけっこう楽しいな、これ。
実際こういうの参加した事ないけど、体力が持つんかな?
テンションが高くなってるからイケるんだとは思うけど。

みんなは脳内で楽しめました?w

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2015/08/08 21:45] | 音楽の話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
レベッカの復活
麻雀の次の日ではあるが、広島から友人が戻ってきてるはずなので、
昼か夜には再び起きて出かける予定なので、
本日分も金曜日の夜に書いてしまうのだった。(断じて日記とは言わねぇw)

*そういや、最近、買うマンガ、買うマンガが最終回で驚く。
血界戦線(一期完)
なにかもちがってますか
(買い忘れてた)ジャイアントロボ(バベルの籠城)
エグゾスカル零
そして金曜日に買ってきた自転車マンガ「のりりん」
のりりんは、もっとつづいて欲しかったけど、
自転車の楽しい部分だけを描ききったところで辞めて正解なのかもしれない。
鬼頭莫宏センセという事を加味すると、これ以上つづけたら誰かが転倒したとか、
半身不随になったとか、怖い方向にしか行かない気がするし、
戦い中心になって、レースにのめりこみ、
実業団登録!とかもトーンが変わってしまって、うなづけないしね。
良い終わり方をしたと思います。
鬼頭莫宏センセ、お疲れ様でした!(豆タンクさんにおすすめの一冊です)

*トーンで思い出した。
キラキラネームで「音色」と書いて「リズム」と読むという記事を見たことがあるんですが、
それって「トーン」だろ!と思わずつっこんでしまったw

*音楽関連といえば、あの「レベッカ」が復活するそう。
8/12・13に、横浜アリーナで再結成ライブを行うとのこと。
阪神大震災のチャリティーコンサートで限定復活してからだから20年ぶり?
ちなみに、ベッキーさんが私の本名と同じとツィートしてたらしい。
そうか、ブラックラグーンのレヴイと同じ名前だったのか・・・w(何故そっちへ行くw)
最後に出たベスト、昔買ったなぁ。

とりあえず、このあたりがぼくからのオススメ!
曲名コピってyoutubeででも見てみて!
最高よ?

*フレンズ
言わずと知れた名刺曲。歌詞がつかみにくいんだけど、
なんとなく共感を呼ぶせつない歌詞とギターがすごく良い曲。ギターソロにも注目。

*LONELY BUTTERFLY
サビのメロディが抜群のミドルバラード?
一度聞くだけでサビが焼きつくというw

*ウェラム・ボートクラブ
これがデビューシングルというのが恐ろしい。
ちょっと退廃的な、世界観が面白い。
リフも特徴的で、ぼくはけっこう好き^^

*プライベイト・ヒロイン
これもサビの「tonight!」への持って行き方が気持ちいいPOPな曲^^

*WHEN A WOMAN LOVES A MAN
ギターのカッティング、ペタペタとしたタムの音、YAMAHAモーションBの音とが
かなりいいバランスでせめぎあってる曲で、演奏がヴォーカルよりも勝ってる曲。
サビのwhenの譜割りも独特。

*ラブ パッション
ベースがぐいぐぃひっぱっていく曲。
恋の戦いを描いた歌詞もおもしろくて好き。
伸びやかなヴォーカルとからみ合って、大好き。
寸詰まり気味のドラムのフィルイン(おかず)だけが惜しい(この曲だけじゃないけど)

蜃気楼
もう、雰囲気が好きすぎてたまらん。
こういう曲調大好きでさ。テーマ的にも砂漠とか蜃気楼とかの曲好きなんだよね!
ジュディマリのDAYDREAMとかさ。

London Boy
この曲は8分でタスタスとスネアをぶっ叩く、あまり好みでないドラムリフが用いられ、
さらに嫌いなリフレインでのフェイドアウトが採用されているのにも関わらず、
1,2を争うほど好きな曲かもしれない。
サビの転調とかかっこよすぎてビビる。超名曲と思うんだが。(ぜひ聴いて欲しい)

*Maybe Tomorrow
これでもか!の大バラード。
実はレベッカのドラムのおかずがあまり好きではないんですが、
この曲のドラムリフはかなり好き。NOKKOの伸びやかなハイトーンの気持ちいい一曲。



NOKKOのパワフルなパフォーマンスにより、LIVEの評価も高いレベッカであるが、
ぼくは、かなり神経質にピッチを取っているスタジオ版の方が好きだったりする。
LIVEでのアドリブ的なメロディラインがただの調子ぱずれに聴こえるケースも少なくなく、
ちょっと微妙と思えなくもないからだ^^;

今回の復活劇は、まずライブありきだが、
このあとどうなるのだろう。
ずっとやっていくのか、ライブ一回こっきりなのか?
新曲を出すのか?そしてギターは?(シャケ復活しないかなw)

ああ、好きすぎて語ってしまった!www



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2015/04/26 00:01] | 音楽の話 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
夜がくる
それにしても暑いっすな。
久保ミツロウと近藤春菜とシュレックの見分け方急募。夜も眠れません。

こんなに暑いとさ、たまにゃ日記も「一言日記にしてダラダラ過ごそうかとか囁くのよ、私のゴーストが。」とか思っちゃうわけですよ。

よっしゃ一言日記行くぜ!

「サントリーNEWオールド・・・どっちやねん!」(ドヤアァァ)

・・・だめだ脳みそが湧きすぎて、

「スペランカーってあんなに虚弱で探検家とか目指すなよ!」(ドヤアァァ)クラスの、書くまでもないどころか、書く事によってお笑いの資質を疑われるような(人、これをサムイと言う)ネタしか浮かんでこねぇw

ちなみにDLC(ダウンロードコンテンツ)で4人同時プレイ(オンライン最大6人)のスペランカー出てますね。
みんなで

みんなでスペランカーっていうんだけども>コチラ
プレイ動画見たけどめちゃ楽しそうw
体験版もあるようなのでPS3持ってる人はぜひやってみて!

頭が沸きつつも、newって最近ではいつからの分がnewだ?とか、CMとかもそのへんすでに自虐的に俳優が「いつからNEWだよ!」(怒)とかカンニング竹山あたりがやってないだろうか?と気になって調べてみる事に。

「・・・ああ!この曲このお酒の曲だったのか!」

偶然めちゃ好きな曲引いた!w
このCMのために小林亜星が書き下ろした曲で「夜がくる」というタイトル。
何度もCMになるたび別バージョンで録りおろしてますね。
「夜が来る」でアリスソフトとか思い出したヤツ、あとで職員室に来なさいw

まぁぼくもそうですが、タイトル言われたってわかんないと思うのでいっちょぼくの美声をw

blog5.jpg

「♪ダンダンディラ〜ン、シュヴィラデ〜ン、ホディエィエィエィオゥ〜・・・」

こういうスキャットが当たってる8小節ほどの曲(イントロのぞく)聴いた事無い?
口笛やジャズセッションによるインストゥルメンタルバージョンもあるから、スキャットじゃわからんかも知れないけど。

いやぁ小林亜星すごいわ。
ターンエーガンダムと「寺内貫太郎一家」のちゃぶ台返ししか、いいとこ無いと思ってたが見直したw
ついでに見てみたら
日立の樹(いわゆるこの木なんの木)
明治チェルシーの唄
モクセイの花(ニッセイのおばちゃん)
ファミマの歌(あなたとコンビニファミリーマート)
うぉおお書き切れないwなんだこの鉄人!(死語)

まぁ、いささかズレたが「夜がくる」のメロディが素晴らしいなって話。

さっきのスキャットでわかった人もわからなかった人もコチラ。
いろんなバージョンが入っててかっこいいよ!マジ必聴!

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/08/19 12:07] | 音楽の話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
気になる音源(2014/8/13)
今日は音楽の話。
まぁタイトルでは音源とか今風に乗っかっちゃってるわけですが、なんか知らないうちにCDとか楽曲を収録してるものも音源と呼ぶようになってるよね。
昔は音源=音の発生装置、とりわけMIDI等で繋ぐキーボードのトーンバンクみたいなもん(YAMAHAのTGとかね)だった気がするんだが。
まぁ突っ張ってみてもしゃあないし、なんだかかっこいいから乗ってみたというわけだw

買うかどうかはわかんないけど、今日発売の気になる音源を二つ紹介。

ひとつめ。
NoisyCellの『Your Hands』
発売:2014年8月13日(水)
価格:¥1,667(税抜)
※PABLO(Pay money To my Pain)サウンドプロデュース
※収録曲「Innocence」TVアニメ「ばらかもん」 EDテーマ

ばらかもんのEDテーマですごい好きなんだよな。
基本ラウドロックとかそんなジャンルなのでInnocenceが気に入ったって人は他の楽曲があわないかも知れない。
ばらかもん好きというミーハー目線も我ながらおおいに入ってると思うのであまり語らないけど、この曲が良すぎて紹介してみました。

こんな曲です。

興味があればぜひ聴いてみてください。


そしてふたつめ。(こっちが今日のメイン)
たま&やっぴ〜の「笑顔のレシピ」
2014.08.13 CD Release
¥2,300 +税(8%)

詳しくは知らないんだが、ニコニコ動画の歌い手さんのメジャーデビューアルバムとなります。

いわゆる「歌い手」さんは(ぼくの中では)玉石混淆。
その呼び方にあまりいい印象はないのですが、
発表の場としてのニコニコ動画は素晴らしいもののひとつ。
ここから出て行く実力のあるシンガーさんも何人かいますね。

で、今回紹介のたまさんは、ぼく大好きで。
そんなに熱心にニコニコ動画見てるわけでもないので、やっぴ〜さんの方は申し訳ないながら良く知らないんですが、たまさんがオススメなので大丈夫でしょう!というw

たまさんは、基本キーボードでの弾き語りで「I love you」「奏」などの名曲をアップしており、歌ってる所を動画として顔出しOKで発表されてるんですが、タグに「顔がうるさい」「顔の音量注意」とか書かれるくらい(好意的にですよw)顔で歌うタイプのシンガーのようです。
エモーショナルに歌っていくと顔がくしゃくしゃになってきて、顔の表現力がみるみる上がっていくというw
CDで聞いてても顔が浮かびそうでおもしろいw

まぁ、ネタ的な事を先に書いてしまったものの、シンガーとしての実力も素晴らしいものです。
基本上がってる動画は一発撮りであり、地力が伺えます。
そしてなにより声がいい(ぼく的に好み)。

説得力のあるやさしい声質に加え、ブレシネス(吐息っぽさ)を自由にコントロールする技術。
名曲に独自の解釈を乗せて、これはこれで良い!と思わせるだけの世界観を構築していると思います。

もちろんオリジナルの曲の凄さが大半を占めているのは否めないのですが、それゆえに期待感のハードルも上がるわけで、それを歌いこなすのはそれはそれで並大抵のことではなく、近年のカバーとかいいながらカラオケで歌ってるレベルのモノとは一線を画すと言っていいんじゃないでしょうか。

とりあえずぼくが一番好きな曲「たすけてドラえもん」がコチラ
聴くと泣きそうになります。
歌詞も最高でちゃんと聴き取れるので、最後まで聴いて欲しいですね。

もちろん前述の通り、楽曲がまず「神がかってる」ので楽曲も紹介。
黒田亜津さんという方がオリジナルっぽい。
黒田亜津さんがボカロを使って作曲された動画はこちら
聴き較べてもおもしろいと思います。


あと、尾崎豊のI love you がコチラ後ろで歌ってる人がやっぴ〜さんかな。
このCDが出るきっかけともなった動画で、その動画を本家尾崎豊プロデューサーである須藤氏が視聴、二人の歌に感激し今回のプロデュースが実現したとか。
これはすごい。


さて今回のCDのTRACK LIST
01. I love you(original 尾崎豊)
02. RPG(original SEKAI NO OWARI)
03. 小さな恋のうた(original MONGOL800)
04. 桜(original 河口恭吾)
05. 奏(かなで)(original スキマスイッチ)
06. 歩いて帰ろう(original 斉藤和義)
07. 夏の終りのハーモニー(original 井上陽水&玉置浩二)
08. 木蘭の涙(original スターダスト☆レビュー)
09. 今夜はブギーバック(original 小沢健二 featuring スチャダラパー)
10. それが大事(original 大事マンブラザーズ)

たま&やっぴ〜オリジナル曲

11. 魔法のレシピ(やっぴ〜新曲書き下ろし プロデュース須藤晃、アレンジ西本明)
12. ヤスコ(たま新曲書き下ろし プロデュース須藤晃、アレンジ西本明)

ああったすけてドラえもんが入ってないっ;;
次のアルバムには入れて欲しいなぁ。

詳しくはコチラ

あまり音楽に興味ない人も、上記の「たすけてドラえもん」の動画はぜひクリックして見て欲しいです。
ひさびさに見たらちょっと泣いた;;

ぜひぜひ。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

[2014/08/13 12:15] | 音楽の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
岡村靖幸 「愛はおしゃれじゃない」
インターネットでなんでも自力で調べれる(実質他力なんだけど)のがうれしくて、あれやこれやと手を広げすぎてさ。足下お留守だったって感じ。

なんの話かというと、岡村ちゃん、スペースダンディのOPテーマの「ビバナミダ」が最新作と思ってたら、いつの間にか新譜が。
「愛はおしゃれじゃない」
というタイトルで小出祐介(Base Ball Bear)とのコラボ。
楽曲やプロデュースが岡村ちゃんで歌詞が小出祐介。
ライブで聴いて、一緒に歌いたいと思わせるなんだか、かわいい曲でした。

コラボといえば以前、石野卓球と組んで発表した「Come Baby」もいい曲でしたが、今回の方がぼく的には好みかも。岡村ちゃんのラブソングとBase Ball Bearの楽曲は共にどこか懐かしさを感じさせるという共通項があり、そこが良い方向に作用しているように思う。
また小出さんは以前のアンケートで尊敬するミュージシャンは?との質問に岡村靖幸の名をあげており、このコラボは彼にとって重要な分岐点になるかも知れない。

歌詞も岡村ちゃんをかなり意識して書いてる。
ぼくらが想い描いている岡村ちゃんの書きそうな歌詞で、逆に(もがきながらも)進化しつづけている岡村ちゃんよりも岡村ちゃんっぽい。
岡村靖幸という人物が自己模倣で満足していないということの証明のようにも思えた。


これで復帰後、新作としては2曲リリースしてますが、(ぶーしゃかLOOPは除いてます)どちらも4つ打ちの腰に来るチューン。
そして一時期よりもヴォーカルが聞き取りやすくなってます。
ぼくはこれくらいのバランスが好きだな。

次回のアルバムは相当にダンサブルなものが出来上がるのではないでしょうか。
車で流しながら走るのを楽しみに待つ事にします。


岡村靖幸 w 小出祐介 「愛はおしゃれじゃない」
http://www.youtube.com/watch?v=OhnD_9Am4eY

岡村靖幸 「ビバナミダ:2 minutes version」
http://www.youtube.com/watch?v=v3UdjC4o_Ds

テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

[2014/06/03 21:41] | 音楽の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |