さようなら電子レンジ、こんにちはスチームレンジ!
先日、妹が冷凍した枝豆をレンジに入れて回してて、取り出したら

「あれ?」と首を捻った。

どうした?と聞くと、どうやら「回ってただけ」でマイクロウェーブ的なものが照射されていなかったようで、冷凍のままだった。

「もっかいやってみる。」

だが、結果は同じでどうにも温まらない。


まぁ、以前から電源コードの接触が悪かったり(妹が待機電源もったいないと、いちいち引っこ抜く)
10分以上のレンジで(かさばる兄さんはレンジで一人分のパスタをほどく)途中で止まってしまったりしてたので、壊れる兆候はあったのだが。

今まで使ってたのは、ぼくが買ってきたナショナル(!)の500Wのオーブンレンジ。
ジャスト25年で潰れてしまった。
まぁ、むしろ大往生だな。さすがナショナルの製品は割高だったけどしっかりしてる。

さっそくその夜に妹と協議して、26リットル以上でスチームが使えて4万円以内という条件をもらったので、
置き場所の広さを測って、色々と調べてみた。
25年前のを使い続けてきた我が家に、昨年モデルと最新モデルの違いなど意味がなく、
どちらを買っても「黒船が来たぞ!たった四杯で夜も眠れず!」ってなるのは間違いないので、
旧モデルを探す。

価格コムなどで、最低価格を調べつつ、幅を見る。
さらにメーカーページを飛ぶと、
「電子レンジの幅+隣のなんかしらまでの空間」が必要だと知る。
逆に気にしてた奥行きは、背中をピタっとくっつけても大丈夫なのが主流みたい。

我が家では幅55センチまで。縦は気にしなくてもOK。奥行きも余裕。

で、ヘルシアとかだと左右に5センチ必要で、幅をオーバーしてしまう。
いろいろ見た結果、東芝の石窯オーブンの26リットルが50センチ+左右に空地を2センチづつでOK
同じく、パナソニックのビストロも同サイズ。

東芝の石窯26リットルはネット最安値で¥22000くらい。(2014モデル)
そのかわり、スチームは角皿の溝に自力でお湯を張って蒸らす、擬似的な感じみたい。
ビストロの方は、ちゃんとスチーム用の水タンクが付いてる。
これも最安値は29000円ほど。(2014モデル)それがアマゾンでパナソニックのフェアに該当してて27000円ほど。送料無料。

¥5000円差ならビストロかと思いつつ、アマゾンのアカウント作るのがなんだか面倒で、
明日、帰りに心当たりの店に寄って、そこで考えてみて、どうにも高かったり前期モデルがなかったら、
家に帰ってからアマゾンに発注するわ、と。


で、アウトレットの店に寄ってみると、目当てのビストロちゃんが31000円くらいで見つかった。
フェアをやってなければ、最安値とは2000円差。そのかわり持って帰ってすぐ使える。
でも今はフェアをやってるしなぁ。4000円差。
4000=アカウント作って、メールのやり取りして、振込手数料&速くても翌日(+500円ほど払うらしい)
うーんうーん。

東芝の石窯の方は見当たらず、比較しようもなく残念。
同じ26リットルだがビストロより内壁の幅が広いんだよな。
とか、考えてると、東芝の石窯33リットルの巨大物件発見。
よく見ると幅はビストロ26リットルと全く同じで、必要な空地も同じ。
上方や奥行きは違うだろうが、我が家では問題ない。

そして、値段がなんと消費税込みで3万ほぼジャスト。
26リットルのビストロよりも安いw

よくよくに調べてみると2013モデルの、8万ほどするモデルで、ビストロに比べてもオーブンも50度ほど上回ってる。
車とかでもそうだが、少し古くてハイエンドのものと、
新しくてミドルの物が同じ値段で売られてた場合、
ぼくは前者に惹かれるタイプ。

みんなはどう?w

すかさず価格コムで最安値を調べてみると、なんと37000円。
さらに安いのかwすげぇw


店員さんを呼んで、

「この商品欲しいんですけれど、在庫ありますか?」

と聞くと

在庫とかがわかる、手持ちのハンディをいじりながら(実際は新品があるw)
「こちらアウトレットとなってまして、
各店舗の展示品を集めて、並べてるのがほとんどなんですよー。
新品とかはなかなかないんですね。この商品は展示してある商品のみとなります。」

「ということは、ここにアウトレットってシール貼ってるけど、
アウトレットじゃなくて展示品処分という事ですか?」

「はぁ、・・・まぁそんな、感じですねぇ。」

「表記法がおかしいですね。アウトレットでこの価格なら、
アウトレットは型落ちの事なので、展示品処分となるとさらに値が落ちますよね?
中古なわけですから。
アウトレットは型落ちであっても新品であるべきですからね?

まさか、アウトレットって書いて展示品処分ですとか、
適当に客を騙すとか丸め込んで売ってるはずがない
ですもんね?

たまたま展示品処分のシールを貼り忘れてだけですよね?
もしも今回ぼくがこれを迷って買わなかったら、
当然、直後に展示品処分のシールかなんかを貼るんですよね?
迷ってるわけですから、明日も見に来るかもしれませんが。」

「・・・・・・・(汗)」

「いくら値引きしてくれます?
繰り言になりますが、
この値札にはアウトレット価格と書いてますけど、展示品処分価格とは書かれてないですよ?
ほら、庫内のトレイのあたる部分、少し塗装がはげてますよ?」

「・・・・もしかしたら、倉庫にあるかもしれません、ちょっとお時間いただければお調べしましょうか?」


・・・折れてきたw
さっき端末で調べてて、在庫あるの本当は知ってるクセに、ぼくに展示品を押し付けようとするからだw
そこは勘弁してやってつっこまず、商品を取りに行かせる。

もしも「ありませんでした」って言ってきたら、端末叩いてた意味あんのか?と聴いて、
目の前でぼくにも見えるように、もっぺん端末で調べてくださいとか追い込むけどなw
もしも検索結果に出てきたら・・・w

結局、しぶしぶ出してきたので、新品ゲットw


大満足の「大阪人らしい」買い物でしたw(ヒドイ)
交渉力って大事ねw

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2015/08/25 19:02] | ガジェット関連 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
AppleWatchが発表されましたねー
そういや、新しいiPhoneとAppleWatchが発表になりましたね。
まぁiPhoneの方はもうスマホも順当に行き渡り性能が、ただただ上がって行くだけなので、そこまでの関心はないのですが、新しいガジェットであるAppleWatchの方を考察してみようかと思う。

当然かさばるさんにAppleから、
「いつもお世話にナッテマース!ゼヒ新商品をサワリニキテクダサーイ!!」と
招待状が届いた憶えはないので、いつものように想像とぼくというフィルターを通した「私見」によるものなのでそこんとこ”夜露死苦ゥ!!”(ビキッビキッ)w

時計の形をしたデバイスなのだが、携帯を持つようになってから時計を着けなくなった。そういう人も多いんじゃないだろうか?
その腕時計を駆逐したデバイスが再び腕時計の外観を身にまとってやってきた!
そういう歪な話だなと、まず思った。

装着感やら重さなどはさすがに想像で語るわけにもいかないので、ここでは実際に自分が買ったとしたら?と想像してみて、そこからの長所短所を考えてみようかと。


<時間が知りたい>
そらもう最速よ。ポケットからスマホを取り出して電源入れるのとは雲泥の差がある。
腕をあげるだけだからなぁ。友人からのまた聴きになるが、スリープからの立ち上げは腕をあげるだけでできるみたい。(多分要設定)いちいちボタン押して立ち上げるのも嫌だもんね。

<メールが来た>
かなり繊細なバイブでお知らせしてくるみたい。なんせ肌と密着してるから気づくのは間違いない。
そして、簡単な文章なら定型文を作っておいたり、音声入力で入力することも可能らしい。

でも複雑な文章になるとどうしてもスマホに移行せねばならない。
結局、スマホへの橋渡しにしかならないと思うと、メールが来た事を100%音を出せない状況でも逃さずチェックしたい!というくらいメールの必要度の高い人以外はスマホで充分と思うな。

むしろ、そんなにメールにがんじがらめになりたいか?と思う。
お前と一緒にすんな!と思われるかもしれないが、メールには今、手が離せないとか、気づかなかった事にしたいといったメールもあると思うのよ。
「ごめん、メールに気がつかなかった!」これをいろんな理由で意図的に使う人にはこのデバイスはむしろ、
「こないだ、AppleWatch買ったって言ってたじゃん!気がついてないわけないだろ?」と紛糾される火種になるかもしれないw
むしろ消防隊員とか軍人さんとかそういう人達が使うといいのかも。

<電話が鳴った>
当然そのまましゃべれる。音を消すには手のひらで覆ってやるだけ。
子供の頃に憧れたスタイルではあるが、もう年齢を重ねた今はむしろ恥ずかしいものがある。
駅構内でドヤ顔で腕時計でしゃべってるとこを想像したら相当にサムい。
会話の内容がだだ漏れになるから結局スマホに受け渡しすることになるんだよな。
バッテリー的にもね。
そうなるといずれ、着信>腕時計とスマホが同時にバイブする>スマホで受けるになると思う。
いらなくない?

<アプリを使う>
今までのアプリを小さな画面で片手の操作でやる事になる。無理じゃね?
専用アプリしか使わないような気がする。
今、腕相撲が発表されてるがそんなん¥37000も払ってしたいか?

だがこの時計の最大のウリである心拍系やらなんやらといった、ヘルスを管理するツールのアプリだけは良さげと言えるものだ。
健康が気になる人、スポーツをしている人でまだ心拍系やサイクルコンピューターを持ってない人なら、ねらっている機器とコストや性能を較べて検討してもいいかもしれない。

<充電する>
バンドを外し、モニターの裏側に磁石でひっつく非接触充電。また充電器がひとつ増えますよー。
多分1日持たないんじゃないかな。


ざっと使用するとこんな感じになるんじゃないかと推察。
さらに個人的事情も含めて思いつく事を書いてみる。

¥37000で3年で使い物にならなくなる?(バッテリーが死ぬ)

新しくなるiOSに合わせてやはり3年ほどでずっと使っていくなら買い替えを余儀なくされるだろう。

身につけた瞬間からアクセサリーでもあると考えれば他人とかぶりまくるんじゃない?

今のとこ、飲み屋でねーちゃんに自慢してウザがられるくらいしか使い道が浮かばない。

バッテリーの消耗と劣化が怖い。iPhoneとの同期、橋渡しをBlueToothで送る、直接通話する、心拍数のモニターなど24時間もつのかも怪しい。もっとも寝てる時に充電してくれということなのだろうが。
心拍などの24時間フルモニタリングはできないと思っておいた方がよさそうだ?

社員旅行とかで一人で充電するのにスマホとこれと2つ差し込み口を使うとひんしゅく買いそう。

一応精密機器と思うと左腕の取り回しに気を使う。せっかくそういう呪縛から逃れられたのに。

製造業とかだと、工場で着ける事が許されないので、モニターとしても意味ない(個人的な話)

相手に自分の心臓のリズムを送ったり、書き順も含めて簡単な図柄を送れるそうだが嬉しいか?
ハートとか書き順ごと送って来たら、どう返せと?サムくない?w
キモイ上司から「ぼくのドキドキわかる?」とか言って心音送ってくるとか、もうハラスメント行為でしょw

リュウズの部分もコントローラーに使うみたいだがすぐ壊れないかな。心配だ。

<総評>
ウェアラブル機器としていつかは踏み出すわけで、黎明期の一品であるが逸品になれるかどうかは謎だ。
少なくともスマホ以上ではないし、スマホがないと成立しないものであるから、自慢したいとかスポーツするからとかくらいしか欲しい動機が芽生えない。スマホ持ってるし別にいいやってのが今の感想。
バッテリーをせめて交換可能にして2個持ってりゃ少なくとも24時間は使えるとかにして欲しいかな。
あと機能が決定的に足りない。スマホ持ってるけど、この機能の為にどうしても必要やねん!って言わせるくらいのものが欲しいな。
ぼくのアイディアとしては自動翻訳機。腕時計に内蔵してりゃスマートでしょ?
あとは原子力で動くロボットのコントローラであったりすると最高だ。
バシュタール現象のただ中でも不安なしw

話が逸れた。
まぁ時計のデザイン自体が気に入ったとか、短命ゆえに華があるとか、アップルの出すものはすべて肯定!という人が買うシロモノだと思いますが如何に?


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/09/13 12:19] | ガジェット関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
iPhoneのボタンが壊れた時の対処。
PC使いながら知らん間に寝ててさ、はたと目が覚めたら何かを検索してそこで力つきたようなのですが、どうやら最後に検索窓に入力してたのが北の最終兵器イゴール・ボブチャンチン。何故彼を調べてたのか我ながら謎であるw


さて表題に移ろう。
どうにも5以降のiOS7のアイコンデザインになじめず、記憶では2013の1月にあちこち回って最後の一台となったiPhone4sを購入/所有してるのだが、昨日の夜突然上面パネル右側の長細いボタン「On/Offスリープボタン」が効かなくなったのでとりあえず自分への忘備録として、また同じ憂き目にあったiPhoneユーザーのために書き記しておく。


まず症状。
上記のボタンを押すとわずかに陥没するもクリック感がなく、スリープ、スクリーンショット、電源OFFができない。おそらくこのボタンの裏側にあるボタンと基盤の間にあるウレタンブロックかなんかみたいなパーツが中で外れてしまったケースっぽい。落としたりしてないんだが。
昨日を振り返って、原因をさぐれば柔らかい枕の上に軽く放り投げた(20センチくらいの高さ)くらいであろうか。
これしきの衝撃ではずれるの?と他の要因を疑いたいが、やはり他に衝撃を与えた記憶が無い。
ゴリラガラスには当然キズ一つつかないので、たまに枕に放り投げてたが、中身への衝撃はほどほどにあったということだろうか。今後気をつけよう。


保証と修理。
まずは自分のiPhoneが無償修理保証範囲なのかを調べる必要がある。
購入時期を明確に憶えてるならいいが、自信がないなら調べてみるのがいいです。

アップルのサポートのここに飛んでシリアルナンバーを入力すればすぐにわかる。
ぼくのは期限切れでした。
(自分のiPhoneのシリアルナンバーの調べ方)
「設定」>「一般」>「情報」の順にタップすると、シリアルナンバーを表示できます。


対処(以下から選択)

1.アップルに連絡して修理してもらう。
無償期間中なら間違いなくこれ。
だがぼくのは切れていたからなぁ。
一番確実であるがコストが高い。この症状で¥17000くらいかかるとか¥22000かかるとか、よそのサイトで書いてた記憶。
あと半年待たずに2年しばりが解けると思うともったいない気がする。
実際無償修理は1年以内なので、有償になってる時点で次のiPhoneに切り替える事ができる期間まで1年を切ってるわけだ。絶対に修理しないと!って部分でなければ耐え忍ぶのもよかろうと思う。

2.非正規ショップで修理。
さすがに金額は安いが、今後その機器においてAppleのサポートを受けられないという話。
でも無償サポート期間が切れた今、有償サポートの金額が気に入らないと、またここにやってくるわけだから結局問題ない気がする。こういうショップでの保証の方が重要で、だいたい3ヶ月くらいの保証がある模様。
業者にもよるだろうが、この症状で¥6900とか他所様のサイトで書いてた。
安いのだが、業者によって技術力はさまざまの模様。
この記事読んで怖くなったよ。

3.ソフトウェア上で解決する。
今回選んだのはこれ。
さすがのApple。携帯機器としての年月の重みが違うというか。とりあえずこのボタンが潰れてもやっていけるようにiOS上でなんとかできる模様なのでやり方を書いておきます。
ちなみにホームボタンが壊れても同じ方法で大丈夫。

設定」>「一般」>「アクセシビリティ」に移動します。
そんでAssistiveTouch をオンにします。

すると画面に白い○が浮かぶのでそれをタッチ。
デバイス>画面をロック
これでスリープが可能。

デバイス>その他>スクリーンショット
これでスクリーンショットも撮れる。

デバイス>画面をロックを長押し>電源をオフにするにスライダが出て来るので今まで通り電源オフ
これで電源オフも可能。
ですがここで注意!電源オフからの再起動はハードで行なうものなのでやはり立ち上がりません。
で、どうするのかというと充電ケーブルを差し込むことによって再起動する模様。(確認済み)
なので、映画館とかで電源切る時は後で車のシガーや携帯バッテリーから充電ケーブル挿せる当てがあるのなら構いませんが、家に帰るまでそんな当てがないなら「音を消しておく」で勘弁してもらいましょう。


これでなんとか修理せずにやっていけそうです。
ちなみにこの白いのはあちこちに動かせますので、アイコンの邪魔にはならないように全部のページの右下のアイコンのスペースを空けて右下に置いてます。少しアイコンの列からずれるのが惜しいですけど。

なので見栄えが悪くてイライラする!って方には簡単に○を消したり、出現させたりする方法を紹介。

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」に移動します。
「AssistiveTouch」を選択して、ホームボタンのトリプルクリックを有効に。
ホームボタンを3回連続で押して、AssistiveTouch をオンまたはオフにします。 

トリプルホームクリックを有効にするのに必要な間隔を調整する場合は、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ホームクリックの間隔」に移動します。

これで出し入れできますね。
でもこんな調子でスリープかける度にトリプルクリックしまくってたら、今度はホームボタンがバカになると思うので、緊急で無い限りは自動ロックを1分とかでかけといてそれに任せるのがいいと思います。

設定>一般>自動ロックで設定できますよん。


そういうわけで昨日はひたすらiPhoneの修理方法を検索してたのに、何故、最終的に「北の最終兵器イゴール・ボブチャンチン」を調べながら寝落ちしたのかやはり謎なのであった。






テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/15 12:15] | ガジェット関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ポメラの話。
さて、ここんとこ日常に追われ気味で毎日更新も危うかったので(だいたい22:00以降の更新の時はギリギリに書いてる)ちょっと気張って水曜日〜日曜分を一気に今書いてます。
もう断じて日記とは言わないよね。うむ。なんとなく気づいてる。るろうに剣心で神谷薫が死んだ時くらいなんとなく気づいてる。(笑)

で、実際こうやって文章を大量に書いていると、その入力ツールが問題になってくる。
枕の上にmacのノート置いてあぐらかいて打ってるわけだが、イライラするのなんのって。

打鍵感とかは別にかまわないのだが、辞書のプアさとトラックパッドが邪魔になってタイプミスが山積する。
どういうことかというと、アルミのユニボディによるトラックパッドはノートのマウスとしては最高のもので、もう離さない〜苫小牧〜離さない〜と歌ってしまいたいほどのものだが(激サムイ)、クリックにやや力が必要。
で、ゲームとかするとマジで腕が痛くなって来るので、クリックの設定をタッチするだけで反応するように変更したのね。
これによって圧倒的にマウスオペレーション(気取ってるがネットみたりゲームしたりする程度)が楽になってさ。これ味わうと他のPC触れない。
・・・ここまでベタボーメであるが、タイピングをはじめると実はこの限りではない。
かすかに他の指がトラックパッドに触れてしまうだけで、カーソルがどこか遥か遠くに移動してしまうのである。(BGM:ガンダーラ)そのせいでどれだけ打ち直ししなければならないことか!(特に片手打ち)
完全にポジション決めて両手をキーに置いてる人は大丈夫と思います。

なら他ので入力したいわけだが。
まず、iPhone。フリック使えるので短い文章つくるならかなり早く打てるのは間違いない。
だが、あの小さい画面が推敲に向いておらず、さらに修正をしたいなという時にカーソルを思う位置にもっていくのがすごいストレス。超時間がかかる。
鉄郎がアンドロメダまで行って、原作では不動産詐欺にあっただけの哀しい、パイナップルの缶詰とかで出来た黒騎士が、なぜか劇場版では鉄郎の父親にまでランクアップしたファウストと闘って帰ってくるくらい時間がかかる。
よって却下。

次にNEXUS7(2012)。
この機械愛しているのだが、入力だけはホントにプア。変換がめっちゃ遅いわ、フリックもワンテンポ遅いわ、以前入れてたアプリのsimejiは使いやすかったのだがスパイウェアの一種だったと判明したわで、どうにもならぬ。

そんな時に見つけたのが以前から興味のあったpomeraポメラ)。
Pomeraと書くと遠見Pafumeに見えない事もないがここでは関係ない。(笑)
さらに言うならハリウッドで二度目の映画化され、ミサイルかなんかの発射シーンの構図が日章旗に似てる!とか言って数日前に韓国人がファビョった怪獣とも別物である。

pomera.jpg


でかいやつ(DM100)が、ブルートゥース!(春日)付いてて打ちやすそうだったが、持ち運んでみたかったのでDM20というちっこい方を選択。もういっこ新しいのがあったが、ぼくのサイフではキツイので諦めた。
でもnexus7を買ってからはブルートゥースも気になってきたので,
でかいDM100も興味出てきたよ。連動うまくいくのかな。

話をDM20に戻そう。さすがにあぐらかいて枕の上に乗っけては打てないが、机の上で入力するなら最強。
スタバに持って行ってこれみよがしに広げてドヤ顔したいと思わせる代物である。

実際、ポメラを検討してる人も多いと思うので
ぼくの使用感を書いてみたい。

画面。
なんだかなつかしい、やや緑味かかった5インチの液晶。ゲームボーイみたいと言えば伝わるだろうか?
文字の大きさは7段階に変更可能。好みの大きさの字が打てるというのは非常に大事な事だ。こういう部分でのストレスを削り込んでくれるのは本当にありがたい事だと思う。
尚、バックグラウンドが発光してないので暗いとこでは打てない。
当然、蛍の光で勉強した晋の車胤にはオススメできない。


辞書。
ATOKやIME利用可能。ぼくには使いやすい。もちろん辞書登録も可能。

容量。
16GBのマイクロSD突っ込んでる。多分一生かけても余る(笑)

バッテリー。
これが素晴らしい。エネループ単4X2で15時間。充電し忘れてても単4電池をコンビニにでも買いにいけばすぐ使えるのも魅力だ。(この場合20時間持つ)

キーボード。
キーピッチ17mmで指の太いぼくにも充分使える。もうちょいでかけりゃな、とは微塵も感じない。
パンタグラフ式でノートPC的な打鍵感。気持ちいい。

PCとのやりとり。
macでも安心。
文章を本体でQRコードに変換し、それをiPhoneに提供されているポメラのアプリで撮影してEVERNOTEにクリップ。PCと同期して扱ってます。コードレスなやり取りはストレスが溜まらなくて最高。

外観、大きさ。
恐ろしいことにGパンの後ろポケットに入る。
外観は下半分がマットなグリップするような素材。数年経つとネチってくる素材に似てる気がするんだが果たして。
上面は取り外して着せ替え可能。ノーマルなんだがリザード革もどきのエンボスが。
始めに装着されてるのは普通にフラットがよかった。想定してる対象ユーザーは大阪のおばちゃんか?と問いたい。(笑)
着せ替えパーツは3種類ほど。適当なフラットのやつ買って、シール貼りこんで痛ポメラとか作ってる人いるかもね。
メーカーも初音ミクとかとコラボして出すと話題にはなるかも知れない。(無責任なアイディア)
ちなみにジオンモデルがあったがややコケ気味。
重度なガンヲタはそんなに文字打たんだろう。ガンダムUCの福井センセは喜んだかも知れない。

実際に使ってみて特に良かったと思った点は、起動と終了が早く、かつ集中させてくれる、かな。
開いて電源ボタン押してから2秒で起動。
でもさ、実際開いたら、電源押すしかないわけで、開く=電源ONにしてくれた方がよかった。
閉じるときも本当は電源落としてから閉じるんだけど、いきなり閉じても自動で電源落としてくれるだけに、
先ほどの「開いたら自動でON」も採用して欲しいとなおさら思ってしまう。

集中させてくれるって言うのは、たとえばPCだと少し詰まったら気分転換にブログや動画見たりゲームしたりとかしてしまうのだがこの機械、打つ事しかできないという潔さなので、これ持ってカフェとか行った日には、もう打ちまくるしかないんだよね。たまに資料が必要なときだけiPhoneで検索してあとは打ちまくる。
めっちゃはかどるよ!

文字をとにかく打ちたい!って人にはおすすめしますよ!
ちなみに最新型は縦書き対応。羨ましい。

このサイトはアフィサイトではないですが、もっと評価されて売れて欲しいので
販売元のKING JIMさんのURLはコチラ
pomeraコチラ

んで調べてたらこれも興味でてきた!インターバル撮影のレコロ。>コチラ
これ楽しそうだなぁw

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

[2014/05/25 18:30] | ガジェット関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |