FC2ブログ
連絡や報告など
焼きそばタイトル

*ここにちょっとした報告や連絡などをするスペース作りました。この記事がトップにきます。
毎日の更新記事は2つ下になりますのでよろしくお願いします。

*このサイトはリンクフリーですが、カテゴリ内「このサイトについて」だけ読んでからよろしくお願いいたします。リンク報告もなしで大丈夫。ご随意にどうぞ。(2014/12/4)

自作バキュームフォームのレシピ公開。
かつてないほどの詳しさで、自作バキュームフォームをお手伝いします!
左のカテゴリ内自作バキュームフォームへどうぞ。(記事はちょくちょく修正してます)(2014/12/25)

*かさばる兄さん、twitter返り咲き。
ここでぶつぶつつぶやいてるので、興味ある方はドゾw
フォロー待ってますw(受け身)

*写真投稿サイトphotohitoでのかさばる兄さん(きゃすさん名義)の作品はコチラ
メアドとパスワードと、合わねぇ;;
なので途中で放置になってますw


*ブログの閲覧数アップに関して、かさばる兄さんなりに少し語ってみました^^
<前編> <後編>

*千葉しぼり展示会、次回はエース選手権!
画像リンクのやり方忘れちゃうので、バナーが出来るまで、仮に前のを置きっぱなしにしますw



*「模印良品」発足
展示会参加の受け皿としてのサークルです。
今のところ活動は一切無く、何かしらの展示会に参加する場合に於いて、
ブログ仲間を中心に「サークル参加」するためだけの存在です。

mojirogoblog1.jpg

あと、ブログ仲間で、例えばKCFや千葉しぼりなどの展示会で、
旅行ついでに合同参加したいなどの場合、
秘密コメントやツイッターのDMなどで連絡くださいね~


4/15リンク追加
三軒茶屋さんのブログ「三軒茶屋のブログ」を追加いたしました。

現在ブルーノアを建造されていて、かさばる兄さんのツボにクリティカルヒット!
宇宙船好きな方は是非見に行ってみてください^^
よだれ出るわw






スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/07 05:25] | このサイトについて | トラックバック(0) | コメント(42) | page top
ダンボーチャレンジ2015!(春)
2015/2/14の記事におきまして、とりあえず現在までの顛末をかきつづったのですが、
今後も記事の掲載ごとに書くのはぼくもさすがに苦しいので、
このページにまとめちゃうことにしました!
そういうわけで、

ダンチャレ看板1

バナーBY EBAVOくん(素晴らしいイラストをありがとう!)

(PV(ページビュー)の少ないサイトでこういうのやっても仕方がないじゃん?というのは最もなご意見なんですが、気にしない!なんでもやってみるもんさ!
意気を感じてくれた人は100質と共にチャレンジしてくれると嬉しいな)

<長いので折りたたんでます>
続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/05 09:54] | ダンボーチャレンジ2015(春) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
ガンプラモデラーに100の質問!(ガンプラ100質リング)
今回、◯◯◯◯hit!感謝企画として、
ガンプラ100質に参加してみました!というありがたい参加表明をいただきました。
カウンターが一定回っている=常連さんも多く、
管理人さんの普段の制作記事では見られない一面が見れて、
お客さん、管理人さん共々楽しめるのではないでしょうか?

誕生日や、◯◯記念といったアニバーサリー企画のひとつとして、
ガンプラモデラーに100の質問など如何でしょうか?
ぼくと親交があろうとなかろうと自由に持っていって楽しんでもらえればと思います。

参加してくれたモデラーの方々のリストは随時更新中!
現在自分含めて29名のモデラーさんが答えてくれました!
いずれは統計もとりたいと考えているので、
たくさん参加してくれると本当にありがたいです。
奮っての参加、よろしくお願いしますね^^


ガンプラモデラーに100の質問」本体とリストは
「続きを読む」からお願いします。

リスト最終更新日 2017/7/6
続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/04 23:59] | ガンプラモデラーに100の質問 | トラックバック(0) | コメント(71) | page top
2019 春アニメ ナニミル?
静岡ホビーショー行ってみたいなぁ。



さて。
模型いじりつつ、春からの新アニメなどの視聴状態を書いてみます。
完全に嗜好とはじめの数話のとっつきの良さ?の事なので、
ほどほどに参考にしてくだされ^^

前期からの視聴

「盾の勇者の成り上がり」

これいわゆる異世界モノなんだけど、
特筆すべきは「還ったら」が示唆されてる事と、
主人公に都合が悪すぎる、苦難に立ち向かう話なんだよね。
大概の異世界モノは、現実になど還るつもりも無く、
なんらかの特殊能力を得て、それゆえ人生イージーモード!を謳歌する話なので、
一味違うぞ?と応援して観てる。
ほんとあの王女が憎ったらしいいぃぃぃw


「ジョジョの奇妙な冒険黄金の風」

言わずと知れたジョジョ第五部ギャング編。
イントロで読者をひきこむべく用意された「DIOの血統」って、
もはやどうでもよくなってるw
なんだったんだアレw


「どろろ」

OPEDは以前の女王蜂とAMAZARASHIの方が好きだったなー・・・
言わずと知れた手塚治虫原作。
すごく見やすいが、実はひとつだけ要素が抜けてる。
全身義体で、それぞれに武器が内蔵されていて、
やたらめっぽ強い百鬼丸だが、鬼神を倒して奪われた部位が戻ることで、
武器を一つ失っていくという、
勝てば勝つほど勝利手段が喪われていくというジレンマが排除さtれてるんだよね。
話の複雑化を避けるためにばっさりと切り取ったのかも。
それでも十分すぎるほどに面白い。
どのように幕を引くのか。括目。

「進撃の巨人season5」

もはや説明不要w
5期まで来てるので、見たこと無い人は、
相当駆け足で今までのを視聴しないと追いつかない。
良くできたSF&アクションで先に読めないハラハラはやはりいいものだ。
原作アリ。
あ、OPは今回ダメダメ。アンサンブルしすぎたヴォーカルラインと、
サビとそれ以外の抑揚の無さが稚拙にすら感じた。
そもそも初回もそうなのだが、言葉がうまかったのと、
そのアンサンブルしすぎてはいるが良いメロディーだったから聴けたんだろうなぁ。


「文豪ストレイドッグス3期」

同名原作の異能バトルモノ。
ジョジョの3部以降が、キャラクターの名前が実際の文豪から取られ、
技や能力の名前が、キャラが立下が手作品名に置換されてると言って間違いない。
演出も、話の作りもけっこう好き。


「ワンパンマン2期」

ヒーローに憧れ、鍛えに鍛えた結果、
どんな悪と戦っても相手がワンパンで倒れてしまって、
自身が望んだアツいバトルとはちょっと違うな・・・という
強すぎるヒーローの苦悩を書いた原作漫画作品。

前回から、まわりのヒーローたちが掘り下げられ、
また、主人公の強さと魅力に周りが少しづつ気が付き始め、
周りに人が集まってくる展開。今回もアツイぜ^^


ここから新規。

「機動戦士ガンダム THE ORIZIN 」(赤い彗星前夜)

現在まで展開されているガンダムTHE ORIZINをかつてのユニコーンのように、
分割してOPEDくっつけた代物。
OVAとの変更部分があるのかまではわからん。見てない人は是非。
OPがLuna sea。EDがSUGIZOなんちゃらって書いてたから、
多分luna seaのギタリストのプロジェクトっぽいが、
曲は「めぐりあい」の女性ヴォーカルによる焼き直し。
全然「オリジン」じゃない。
原曲の足元にも及ばぬ。割と腹立つ。


「この音止まれ」

マンガ原作の青春音楽アニメ(琴)
元不良で誤解を受けやすい主人公が、
琴に関するしがらみに真正面から挑み、
その真摯さに打たれた友人たちが彼のもとに集ってゆく。
アツい^^


「キャロル&チューズディ」

音楽アニメの覇者、渡辺信一朗監督による、
未来音楽アニメ。
毎回奇跡を起こした・・・みたいな風呂敷から入るイントロに、
内容が最終的に追いつくのか。
今のところギアがまだ低いかな。
キャラデザがツルモク独身寮の窪之内英作で、
上品で上手ではあるが、やや「華」に欠けるか。
これからの展開に期待。

「さらざんまい」

某回転すしを想起させるが、寿司は出てこない。
河童は出てくるけど。
なんかよくわかんないけど、やたらと動く。
・・・が、使いまわしが多く、独特のセンスと難解さを持つ。
なんか既視感。ユリ熊嵐とかと酷似してるな、と思ったら、
幾原邦彦監督だったので納得。(同じ監督ってことね)
わけわかんないけど好きw


「鬼滅の刃」

これもマンガ原作。いわゆる退魔モノにくくられるが、
昨今では珍しい、「努力」偏重型の物語で、
「血統」「転生時にチート」といった昨今の努力しないけど
俺様サイキョー!という風潮から抜け出ててアツい。

製作もfateシリーズを扱うUfo tableで斬撃時の演出も秀逸。
OPのLISAの曲はいつものハンコ曲w
途中で「みかんでマッサージ」と挿げ替えられてても気づかないかもしれないw


「Mix」

タッチのあだち充原作・・・というか、タッチの世界での、
数年後。あの甲子園初出場、初優勝を果たした明訓野球部の話っぽ。
双子ではないものの、出生に秘密のある、腹違いの男兄弟と妹、
そこにロングヘアの女性がからんできて・・・と
あだち充の真骨頂。
見始めると、やはり見てしまう。

ナレーションが「タッチ」を伝説的に扱いすぎるのが、
やや、鼻に付くのが惜しい。
初回だけにしとけ。


「賢者の孫」

今期のオレTUEEE枠。
「俺、また何かやっちゃいました?」で、もともとネットではネタになってた作品で、
俺はそんな特別なことしてるつもりはないんだけど、周りから見ると非常識なくらい凄いっていわれてこまるw
が永遠に繰り返されるw
ストーリーアニメではなくギャグアニメとして味わってるw


「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」

エロゲ原作のSFサスペンスアニメ。
作画も、話も良好なんだが、あのころのエロゲの主人公が軒並みそうだったように、
「息を吐くようにエロネタを言う」というのがあって、
それを再現してるのが滑稽で、そこだけは見てられない。

周りの女性たちは主人公にいろいろ託したり、助力を乞うたりするが、
本質がいいやつでも、そんな奴に普通本質が見えるほど近づかないようなw
この点だけは原作無視して欲しかったと思う。
しんどいと感じたのか、数話貯まってしまってるなぁw


「消失都市」

プラモ作りながら見てたら、
情報量が多くて、「ながら」ではわかりづらかったので、
そのうちまとめて見ようと思ってる。
期待してる。

「異世界カルテット」

異世界転生物語である4作品をSD化して学園生活にたたきこむというショートアニメ。
ターニャかわいいので見てる。


ーーーーーおすすめ、ここまでーーーーーーー

「robihachi」

なんだろう。劣化したスペースダンディ感?


「反逆性ミリオンアーサー」

MMORPG原作。設定は好き。
団長がコスプレしてうんぬん~は、ぶっちゃけ1mmも感情が動かぬw
ハルヒの時代ならウケたのかもね。




今期は見るものが少なくて(模型的には)助かる。
けど、わくわくしながら次を待つ作品が少ないのは、
やはりアニメ好きとしてはちょっと悲しいかな。



最後に、今期一番のオススメは、はアニメじゃないけど、
自分の買っているコミックス原作の

「きのう何食べた?」

のドラマかな。
毎週ドラマを見るのは何年ぶりだろうか?
「ハートに火をつけて」「ロングバケーション」以来、3作品目だ。(どんだけ見てないのかw)

中年男同士の恋人二人の、ゲイならではの機微が、
料理を通してありありと描かれるw
ちょっと面白すぎるので、是非見てみてくだされ、。

キャストもドハマりw

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2019/05/14 12:20] | アニメの話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
1/100 ドラグナーを好みのアプローチで作る。(その3)
GWあっけなく終わり。

皆さん有意義に過ごせました?

ぼくの方はとにかくドラグナー触ってました。
KCFは我ながら無茶な目標だけど、そのくらいの気持ちでやらないと!とは思ってるので、
まだまだ、それにめがけてがんばります^^

そういや皆さんはどんなドラグナーを作ってるんだろう?と思って見てみた中で、
白眉だったのは、
MGニューガンダムのフレームと合わせる工作をされていた方。

何が白眉かというと、頭がでかいドラグナーだから、
みんな頭の小型化を考えるわけですが、
逆にフレームをでかくして「頭をちょうどいい大きさ」にもっていくという考え。
ひさびさに「やられた!」と脱帽です。
ただし確実に1/100で無くなるので、ほかの方と並べる、などには向きませんが。
こういう柔軟なアイディアって素直に尊敬します。


さて。
凡人のぼくはやはり小型化なのですが、
果たして小さくなったら即座にかっこよくなるのか?と。

なんかね。
テンプレート的に思考停止してるんじゃないかと。
かっこよさは、その都度のものなので、
やはりその都度、題材に合わせたかっこよさは、
追い続けたいと。

で、工作とかまだまだですが、バランスだけざっくりとったのが前回のコレ。

ドラグナー改造1

説明しますと、
ヘルメットは、全体のバランスから「許せる限りでかく」
フェイスはそのヘルメットの大きさとのバランスで、「許せる限り小さく」というのを狙ってみました。

角が付くともう少しバランス変わりますが、
いつも書いてるように、
「極端なパーツはそれが付かなくてもかっこよくなるようにバランスさせておく」
のが信条なので、この段階でかっこいいバランスを探っております。


そして胸部。
特に胸部エンブレム。
キットのは非常に太く、角度も気に入らない。
まぁ1/100のガンダムのアンテナでも突っ込んで、
ちょこちょこっと加工すりゃイケるんでは?と、
作り始めた当初から漠然と思ってたんですが、
ガンダムのアンテナって、後ろ側に対して平面なんだよね。

前から見ると面の取り合いがあるので、一見、立体的ですが、
全体の形としてはぺったんこ。
全然求めているものと違ってた;;
・・・ので新造することに。

プラ板からなんとか形にしましたが、

ドラグナー改造6


これけっこう悩んだ。

真正面から見たらY
上から見たらV
横から見ても>
という、三次元的な形で、さらに一辺一辺は先端に向かって、
三角に尖っていて、さらに左右の対称性が求められるという。

これさ、
ちょっとお時間いただくけど
もしも自分が作るならこうする!って本気で想像してみて?
想像力のある人で工作経験ある人ほど難しさに気付くと思う。
今回、すごく勉強になったよ。



振っておいて何だけども、
文章で説明できないんだよね。
わりとマジで。
まぁ、かさばる兄さん、無い知恵ひねったんだなぁとお考えくだされw
さらに暇なら作ってみると面白いと思います^^

で。
今度はこれを受ける側。

本来のドラグナーは、
胸部に大きな開口部があって、
その開口部枠より内側に、エンブレムが内蔵されている形なのですが、
スパロボ的アプローチで言うと、
当然エンブレムは突出しw
なんならそこから「ドラグビィィィィィィィムゥッ!!!」
と、神谷明の声で熱線を放射しそうなくらい誇張したいw

ドラグナー改造8


そこで受け側のセイバーガンダムの胸を、
センターを削り取って横一文字に貫通。
黒い胸部上面装甲の内側を薄く削いで、エンブレムが収まる縦横幅を確保。
取り付け位置も少し前に変更。

縦に拡幅したスペースなれど、逆に広がったエンブレム以外のスペースを、
エンブレムと同じ角度でつぶしていって、
、ヒロイックな受け穴の角度に。

さらにそのまま下側も、
上から先端に向かって絞ると同時に、
後ろから前に向かって絞る、やはり3D面構成に。

そして可動部受けもV型に仕込んでる途中。
ここ整えたら、「腹筋脇」ともいえる部分に着手。
肩軸下に見えてる黒い筒状のものがコックピット兼脱出ポッドみたい。
ここの見せ方とつながり方には大きくこだわりをもって挑みたい。

ドラグナー改造7

(いろんなラインからの集積地ともいえる部分に、
エンブレムの先端が来る構成。
ガンダムの角を使ったミキシングではこうはいかない。
専用にしつらえれるのはスクラッチの特権ですな^^)


そういやね、自分の作りたいものに近いモデルが存在してたんですよ。
「MAX合金ドラグナー」っていう完成品モデル。
おもちゃに詳しい人は、もう気づいてたかもですねw

このモデルの「足先に向かって細くなっていく」方向性と、
(足首とアーマー、足首の重心は好きじゃない)
「エンブレムが枠よりも出てる」スパロボ的アレンジ。

ここだけ参考にさせてもらってます^^


さすがに、本当はもうちょい進んでますが、
また読み応えのある記事にまとまるまでお待ちくだされ^^
ではでは~



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2019/05/10 10:05] | 1/100 ドラグナー D1 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>