連絡や報告など
焼きそばタイトル

*ここにちょっとした報告や連絡などをするスペース作りました。この記事がトップにきます。
毎日の更新記事は2つ下になりますのでよろしくお願いします。

*このサイトはリンクフリーですが、カテゴリ内「このサイトについて」だけ読んでからよろしくお願いいたします。リンク報告もなしで大丈夫。ご随意にどうぞ。(2014/12/4)

自作バキュームフォームのレシピ公開。
かつてないほどの詳しさで、自作バキュームフォームをお手伝いします!
左のカテゴリ内自作バキュームフォームへどうぞ。(記事はちょくちょく修正してます)(2014/12/25)

*かさばる兄さん、twitter返り咲き。
ここでぶつぶつつぶやいてるので、興味ある方はドゾw
フォロー待ってますw(受け身)

*写真投稿サイトphotohitoでのかさばる兄さん(きゃすさん名義)の作品はコチラ
メアドとパスワードと、合わねぇ;;
なので途中で放置になってますw

*オラザク2016 なんとか間に合いました^^
切手サイズではありますが皆さんと掲載された事が本当に楽しかったです^^

*旧キット選手権、「兄さん賞」受賞いたしました!
うっひょおおお!嬉しい!!!!

尚、全作品はコチラ

*ブログの閲覧数アップに関して、かさばる兄さんなりに少し語ってみました^^
<前編> <後編>

*2017/2/10 バナーイ、山田玲司、両先生によるSFコミックス「CICADA」(シカーダ)一巻発売。
紹介記事と感想記事の中間みたいなものを描かせていただきました^^

*今年もn兄さん率いる、千葉しぼり主催の展示会開催発表!




応募日程: 2月26日(日曜日)夜9時開始予定です。
また兄さんから細かな応募要項が発表されると思います^^
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/07 05:25] | このサイトについて | トラックバック(0) | コメント(34) | page top
ダンボーチャレンジ2015!(春)
2015/2/14の記事におきまして、とりあえず現在までの顛末をかきつづったのですが、
今後も記事の掲載ごとに書くのはぼくもさすがに苦しいので、
このページにまとめちゃうことにしました!
そういうわけで、

ダンチャレ看板1

バナーBY EBAVOくん(素晴らしいイラストをありがとう!)

(PV(ページビュー)の少ないサイトでこういうのやっても仕方がないじゃん?というのは最もなご意見なんですが、気にしない!なんでもやってみるもんさ!
意気を感じてくれた人は100質と共にチャレンジしてくれると嬉しいな)

<長いので折りたたんでます>
続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/05 09:54] | ダンボーチャレンジ2015(春) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
ガンプラモデラーに100の質問!(ガンプラ100質リング)
今回、◯◯◯◯hit!感謝企画として、
ガンプラ100質に参加してみました!というありがたい参加表明をいただきました。
カウンターが一定回っている=常連さんも多く、
管理人さんの普段の制作記事では見られない一面が見れて、
お客さん、管理人さん共々楽しめるのではないでしょうか?

誕生日や、◯◯記念といったアニバーサリー企画のひとつとして、
ガンプラモデラーに100の質問など如何でしょうか?
ぼくと親交があろうとなかろうと自由に持っていって楽しんでもらえればと思います。

参加してくれたモデラーの方々のリストは随時更新中!
現在自分含めて27名のモデラーさんが答えてくれました!
いずれは統計もとりたいと考えているので、
たくさん参加してくれると本当にありがたいです。
奮っての参加、よろしくお願いしますね^^


ガンプラモデラーに100の質問」本体とリストは
「続きを読む」からお願いします。

リスト最終更新日 2015/11/15
続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/04 23:59] | ガンプラモデラーに100の質問 | トラックバック(0) | コメント(67) | page top
大和川サイクリングロード。住之江出発、法隆寺まで^^
おおぅ、気がつけば週の半ばっ
土曜日に法隆寺までじてんこで走って、
次の日おもいっきり寝て、夜に起きて、
4:30までプラモ作って、仕事行って、
帰って来ておもいっきり寝て、
次の日3:30まで・・・こんなパターンで生きてる今週。
体内時計めちゃくちゃかw
昼間、マジで意識が混濁してる瞬間があるw


さて。
そんなわけで、法隆寺まで行ってきますた。

ココナツオイルコーヒー

朝に脂肪をエネルギーに変えて運動しようと、
コーヒーにココナッツオイルを入れて飲みます。
ブラックの方が効果高いとは思いますが^^;

とりあえず大阪は堺のちょっと北。
ボートレースで有名な住之江の駅まで、BD-1という折りたたみじてんこで電車で移動。
けっこう朝早く出たんだけど、初めに各駅停車に乗ったが最後、
あちこちの駅で待たされるったら。
でもじてんこ持ち込んで、急行とかで立つのはちょっとおじゃますぎると、
遅いけど、そのまま我慢。


普段の1.5倍くらいの時間をかけて、なんとか住之江駅に到着。
階段の類はエレベーターで移動します。
じてんこは10kgを超える重さがあるのでありがたい^^

南海本線住之江駅を降りると、目の前にヴィ・ド・フランスというパン屋とロッテリアがあります。
しかぁし。
下調べして知ってたんですが、駅高架下を北側に少しだけ進むと、
「アルヘイム」という、「HOKUOU」というパン屋さんの工場直売店があるんだよね。
安いらしいから、ここでお昼ごはんを買い込んでいくか!と寄ってみた。

パン屋にしては遅いのか、まだ開いてなかったっす。
工場のエラー品を扱うから、各店舗分を作ってからの営業ということだろうか。残念。
ちなみに、同じく工場直売のオリエンタルベーカリーは
鶴原駅から食品コンビナートにいけば朝の8:00にはもう開いてた記憶。
釣りする人にはオススメ^^

仕方がなく、ロッテリアでチーズバーガーとアップルパイだけ買って、
じてんこに積んでスタート。

南下して大和川にぶつかるまで走ります。
途中、パーキングを見てみると、
24時間最高500円という駐車場を見つけた。
次回はコペンでここに停めよう。
(厚みの関係で、ロードスターNBにはBD-1は積めないがコペンには積める)

国道26まで降りてからなら、そのまま土手の上にあるサイクリングロードに乗れるのだが、
それ以外のアクセスはすべて階段。
仕方がなく、階段をえっちらえっちら押しながら土手を上がる。


大和川の土手にあるサイクリングロードは
文字通り、バイクすら進入を許されない、人とじてんこのパラダイスで、
ジョギングやウォーキング、自転車もTTバーをつけて走ってたりします。
すっと後ろから抜きに来ることもあるので、
不用意に手を拡げたりするのは危険でっす。

大和川サイクリングロード

黙々と海を背に、奈良に向かって漕いでいきます。
右側に雄大な川を見ながら走るのは気持ちいいですが、
ぶっちゃけすぐに飽きますw

あと、完全にサイクリングロードのままに走り続けることは出来ず、
何度か河川敷のガタガタ路か、反対側の一般道に降りなければ進めない場所があります。
そしてその度に階段での押しが入ってエンヤコラです^^;

それにしても遅いw
前にしまなみ走った時の2/3しかスピード出ねぇw
それでも、回してりゃ進むもんで、電車や30号線、いろいろ路を越えて、
高速道路もまたいで、地理的には空港のある八尾あたりまで進んだ。

しばらく走ってると、JK二人組の女の子のジョギングとペースが合ってしまったw

追い抜いてぶっちぎれるほど出力ないし、かといって、これ以上遅く走るのは逆に難しい。
しばらく走ったが、いい年したおっさんがJKのおしり見ながらくっついて走ってるようにしか見えんw
通報されそうだwww
かといって、チギられたと思われるのも嫌だしなぁ・・・


(聞こえよがしに)「ああ、そういや朝飯まだだったわ!景色のいいうちに朝ごはんにしよう、そうしよう!」
カリオストロの城で偽札工場を見つけた銭形警部みたいなしらじらしさで朝飯を宣言して、
honki.jpg
(どっちかっつーと地獄のミサワ的なw)
いちど土手にじてんこを止めてハンバーガーをむさぼるぼくなのであったw(何やってんだw

昼飯を朝のおやつとして早くも使ってしまったw
ま、いっかw

十分休息を取ったところで、再び漕ぎ出す。
やがてサイクリングロードの終点は25号線とクロスし、
25号線に乗り入れて右折して大和川を渡り、奈良に向かう。

大阪>奈良は暗峠のような超激坂みたいなイメージがあるのだが、
こちらはなだらか。
わかんないくらいの緩斜面で、ルートラボで見たデータだと獲得標高60mくらい。
無いに等しいw

あとはひたすら走ると、やがて大和川を左手に見ながら山間を抜け、奈良県に突っ込む。
三郷の駅を超えた辺りから、道がひらけてあとは法隆寺めがけてどこかで左折するのみ。
ぼくが左折した場所では、左折(194号)>右折(236号)>左折(25号)みたいなルートだったんだけど(距離的に若干近い)
その右折時の道(三室あたり)が極端にせまく、歩行者道路を走ることを余儀なくされるのだが、
ハンドルギリギリの幅で怖い。
できるだけ25号線を沿う形での移動を推奨したい。(今後の自分にもね)

地図を見る時間がロスとはなったものの、だいたい予想通りの時間に法隆寺に現着。
ちなみに途中で間違ってサイコンリセットしちゃったんで正確ではないですが、
32kmほど。
かさばる兄さんは貧脚を超えた鈍脚で3時間ほどかかってますが(休憩、路で迷ってる時間込み)
15kmも出せれば、2時間半くらいで着くんじゃないでしょうか^^
ロードなら1時間半ですなw
法隆寺2

法隆寺1


法隆寺の看板を左折すると参道の先にでかい南大門がある。
南大門って法隆寺だっけ?と思ったが、
「名称が普遍すぎて、でかい南側の門はすべからく南大門だろうよ」、と、
自分の中で即座に問答に決着がついた。

門から横の土塀に視線を移すと、果てがかなり遠い。
こんなにでかかったのね^^
ちょっとした城くらいの規模だぞ、これw
聖徳太子、やるなぁw

南大門を背に左側の参道をじてんこを突きながら歩く。
途中外人さんに「法隆寺どこかワカリマスカ?」と流暢な日本語で聴かれる。
「ストレイト ディスウェイ」と背後を指さした。
外人が日本語で、日本人が外国語でw
なんだこれ(あるあるw

お昼すぎだったので、(焼き)草餅をひとつ100円で買う。
この日は結局晴れ間が見えず、絶えず曇ってて温度が上がらなかったので
この暖かさが美味しい。

法隆寺3

さらに進むと、引き込みになった駐車場で何やらイベントが。
斑鳩町政70周年記念とやらで、
ゆるキャラやら、あちこちの食べ物屋がテントで覇を競ってました。
じてんこ停める場所が見つからず、そのまま乗り入れて、
法隆寺4

そばドーナツ(揚げたてで一個60円)と、

法隆寺5

はくたくうどんを300円で。
はくたくうどんはすごい平麺で、お味は、ほぼW式のどん兵衛でしたw
元気出るわw

ついでに香芝で働く、元軍人先輩とお茶でもしようかと連絡入れてみたが、
今日に限って堺の事務所。
むぅ入れ替わりになってしもたw

13:30
そろそろ帰らないとな、と帰路に着く。
来た路をそのまま戻るには、途中の路が狭すぎたので25号線主体に戻る。
なるほどこの路の方がいいなぁ。

路を確認しつつ、14:00頃には三郷の辺りまで漕いだのだが、
まさかの雨。
これから山の中だと言うのにみるみる粒がでかくなって身体を叩く。

仕方なく、意を決して少し折り返して、
三郷の駅に向かい、折りたたんで電車で帰路に着きました。
意地を張って風邪引いてもつまらないしね。
サドル本革だし;;

結果的には大阪に着くと晴れてたのですが、
もう自転車を広げる気にもならず、そのまま家の最寄り駅までストレートに。

往復すればしまなみ海道と同じくらいの距離だし、
帰りはわずかながら下り基調なので、楽できるのも楽しみだっただけに悔しい最後となりました;;

でもなかなか楽しかったので、いずれ似たコースを走ってみようと思います。
ああ、早く春にならないかなぁ^^

[2017/02/22 20:40] | 自転車の話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
デザインと改造について考えてみる。1/100ガンダムヴィダール(その0)
うおぉ。書きながら寝てたw
そういや、今年になってからインスタント麺類、
カップヌードルの抹茶シーフード(しかも半分)しか食ってない。
ああ、どん兵衛油そば食いたいw
なんとか-5kg突破しますたが、まだまだ。
もうちょい減らしてから筋肉とスタミナつけたいっす。

さて。
今回はオススメツールとして、前回の写真の工具を解説しようかと思ったけど、
もうちょい後に。

ヴィダールをいじってて感じた事があるので、
ちょっと書いてみたのでお付き合いください。


さて。
鉄血のオルフェンズ。
以前ビランビーのフレームとして、1/100のグレイズを使ってみたが、
軟プラと呼ばれるぐにゃぐにゃとした柔らかいプラを採用、
また、フレームデッサンが人型を外してたので、
(他のキットの芯としては)おそらくもう買わないだろーなーと漠然と考えてました。

ところが、現金なもんで
アニメの「ヴィダール立つ」を見て、その動きのかっこよさに一撃でやられて、
予約まで入れて買ったのが1/100 ガンダムヴィダール。
自分自身、積むと思ったんだけど、それなら予約まで入れて買う必要はないだろう?
という自問の元、とりあえず組んでみたのでした。

この鉄血の世界では、
「ガンダム」と名の付くMSはすべてエイハブリアクターという動力源(と変換器のセット?)を
2機搭載して同調させたフレームセットで、その調整の困難さから、
72機しか生産出来ず、72柱の悪魔の名前が冠されてたり。(すべてそうではないっぽいですが)

なので、基本的にはフレームデッサンは同じと考えていいと思います。

作品を作るにあたって。
ぼくより上手い人、早い人、はたまた雑誌の作例まで、
いろいろ見てみたんですが、みなさん、かなりの高確率で、
「フレームデッサン」に手を入れていると感じました。

ヴィダールフレーム1

ヴィダールフレーム2
<写真はアオリで、かつ腕を曲げていて上記の特徴が出にくく撮影されています>

というのも、いわゆる人的に理想のデッサン、
あるいはそれに近い「かっこいい」と普遍的に感じるデッサンで言うと、
このガンダムフレームは、胴が短めで、その分肩位置が下半身に対して下がり、
相対的に腕が長めに見えると。

逆に言うなれば、少し胴体を伸ばしてやれば腕の(みせかけの)長さも適正化して万々歳と。

これはひとつのやり方として正解ですが、
(そう作ってる人をディスってるわけじゃないですよ)
ぼくはその方法を選択しない事にしました。

というのも、デザイナーの方もそんなこたぁ、わかってて、
悪魔の名前を冠したガンダムに少し野性的だとか獰猛さを与えるのに、
あえて人型を外してきたんじゃないかなぁ?と想像したんですよね。

じゃ、適正化あるいは矯正するのではなく、このフレームデッサンをそのままに楽しむのが、
デザインを尊重することではないかという結論に至ったわけです。
もちろん人型を外したデザインに対して、BANDAIの再現度が「外して」いたら論外なわけですが^^;

ヴィダールフレーム3

キットは、やはりバルバトスを中心としたフレームシステムで、
「そのままにヴィダールも作れるというだけでやっと」といった雰囲気。
各所に無理があって、その無理をなんとか適正化、
さらには可動をほんの少しづつ範囲を拡げて、
このデッサンなりの、かっこいいポーズに調整するという方針です。


細かくはまた書いていくとは思うのですが、
今回は(ヴィダールその0)として、
ラインやタイミングをいじる改造に対してのアンチテーゼを提唱してみたよっていうね^^

もちろん自分の理想のデッサンがあって、
それに準じたほうが遥かにかっこ良くなるのに!と、
世界に一つだけの自分ガンダムを作るのも究極の楽しみ方の一つ。
否定してるわけではなく、
こういう気分で、そのアンバランスや世界観をよく咀嚼して、
あえてデザインに乗っかって楽しんでみてもいいんじゃないかなぁと。


いろんなかっこよさが見えてくる気がしませんか?^^


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2017/02/16 18:30] | 1/100 ガンダムヴィダール | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム | 次のページ>>