FC2ブログ
連絡や報告など
焼きそばタイトル

*ここにちょっとした報告や連絡などをするスペース作りました。この記事がトップにきます。
毎日の更新記事は2つ下になりますのでよろしくお願いします。

*このサイトはリンクフリーですが、カテゴリ内「このサイトについて」だけ読んでからよろしくお願いいたします。リンク報告もなしで大丈夫。ご随意にどうぞ。(2014/12/4)

自作バキュームフォームのレシピ公開。
かつてないほどの詳しさで、自作バキュームフォームをお手伝いします!
左のカテゴリ内自作バキュームフォームへどうぞ。(記事はちょくちょく修正してます)(2014/12/25)

*かさばる兄さん、twitter返り咲き。
ここでぶつぶつつぶやいてるので、興味ある方はドゾw
フォロー待ってますw(受け身)

*写真投稿サイトphotohitoでのかさばる兄さん(きゃすさん名義)の作品はコチラ
メアドとパスワードと、合わねぇ;;
なので途中で放置になってますw

*旧キット選手権、「兄さん賞」受賞いたしました!
うっひょおおお!嬉しい!!!!

尚、全作品はコチラ

*ブログの閲覧数アップに関して、かさばる兄さんなりに少し語ってみました^^
<前編> <後編>

*9月 アクリルガッシュでの完成品、ドラゴンボール牛魔王の車。
良かったら見てね>こちら

*千葉しぼり展示会、次回はミキシングビルド選手権!
画像リンクのやり方忘れちゃうので、バナーが出来るまで、仮に前のを置きっぱなしにしますw


*10月 アクリルガッシュでの完成品、MENG KV-2完成。
良かったら観てね!>こちら

<2018>


*1/21 ダンバイン35周年企画、聖戦士復活祭(略称)に参加。
2ヶ月で完成。初月から幸先いいぜよ。心はいつも太平洋ぜよ。
完成した1/72 ドラムロはコチラになります。
またMG上でのコンペでしたのでよければ見てやってください^^
コチラ

4/11 hobby japan extraEXTRAの付録のウォーハンマーミニチュア完成。
たまにはこういうのもいいもんだ?

*4/20 リンク追加
トイプーじゅんさんの「夜のモデラー見習い」をリンクさせていただきました!
外国で模型を嗜まれてる方で(一年以内に帰任するかも?)
今年は最後の海外生活を機に、チャレンジ強化年間!となりそうです^^
聖戦士祭ではビルバインを制作されてました^^






スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/07 05:25] | このサイトについて | トラックバック(0) | コメント(42) | page top
ダンボーチャレンジ2015!(春)
2015/2/14の記事におきまして、とりあえず現在までの顛末をかきつづったのですが、
今後も記事の掲載ごとに書くのはぼくもさすがに苦しいので、
このページにまとめちゃうことにしました!
そういうわけで、

ダンチャレ看板1

バナーBY EBAVOくん(素晴らしいイラストをありがとう!)

(PV(ページビュー)の少ないサイトでこういうのやっても仕方がないじゃん?というのは最もなご意見なんですが、気にしない!なんでもやってみるもんさ!
意気を感じてくれた人は100質と共にチャレンジしてくれると嬉しいな)

<長いので折りたたんでます>
続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/05 09:54] | ダンボーチャレンジ2015(春) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
ガンプラモデラーに100の質問!(ガンプラ100質リング)
今回、◯◯◯◯hit!感謝企画として、
ガンプラ100質に参加してみました!というありがたい参加表明をいただきました。
カウンターが一定回っている=常連さんも多く、
管理人さんの普段の制作記事では見られない一面が見れて、
お客さん、管理人さん共々楽しめるのではないでしょうか?

誕生日や、◯◯記念といったアニバーサリー企画のひとつとして、
ガンプラモデラーに100の質問など如何でしょうか?
ぼくと親交があろうとなかろうと自由に持っていって楽しんでもらえればと思います。

参加してくれたモデラーの方々のリストは随時更新中!
現在自分含めて29名のモデラーさんが答えてくれました!
いずれは統計もとりたいと考えているので、
たくさん参加してくれると本当にありがたいです。
奮っての参加、よろしくお願いしますね^^


ガンプラモデラーに100の質問」本体とリストは
「続きを読む」からお願いします。

リスト最終更新日 2017/7/6
続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2037/11/04 23:59] | ガンプラモデラーに100の質問 | トラックバック(0) | コメント(71) | page top
大量生産!つまようじヤスリロボ(治具)の使い方
台風・・・・今回も生きてましたw


PCの調子の悪さに、写真編集をなるべくしたくないという理由で、
ここんとこちっこい文字だけを読ませるという無理難題を強いてしまってるので、
今回は久しぶりに写真付きでいきます
威張ることでもなんでもないよねw

*5日には書き上がってたんですが、
さらにPCの不調が進み、
新規で写真をどうにかするのがむつかしく、
Twitterに自分で上げた写真からダウンロードして
なんとか今回はしのいだ形になっとります。
今回の記事は一杯写真で説明したかったのに;;
だれか適度に古くなったノートPCくらっさいwww


時系列的には、しばらく◯◯さんがやって来たヤァヤァヤァ!が続くんですが、
さすがにそんなに興味もないだろうという事で、
間に模型的な話を挟むことにしました。
今回のお題は・・・


つまようじヤスリ3

「つまようじヤスリ」

です^^

何かっつーと、おそらくはかなり昔からネットで作り方が紹介されていた、
つまようじの先っちょに紙やすりを貼り付けて、
凹ディテやヤスリが入りにくい狭い場所をやするという代物。

これが模型クラスタでTwitterをやってる方ならご存知とは思うのですが、
ワンフェスの少し前にn兄さんが
作ってみた>これはなかなか使える>改良した>wf2018summerで販売しました!という流れで、
再び注目度が上がった手作り工具なんですね^^



とりあえず、作りかけているものの中で、
ヤスリが入らねえええええってなってたものがあったので、
爪楊枝(竹串にしてみた)と瞬間接着剤を買って、
作る用意だけはしてたんだけど。



なかなか作らないよねwww


そんなこんなしてるうちに、
千葉しぼり展示会やKCFなどで最近よくご一緒させていただいてる、
輝くあやねさんが3Dプリンタにて、
つまようじヤスリロボを制作。
「ロボ」と書いてるからややこしいけど、
つまるところつまようじヤスリを大量に制作するための治具なんですね。

つまようじヤスリ1


これは面白い!と、あやねくんに連絡取って、
代金支払って出力していただきました!
ありがとうございますっ^^

写真のように、組み立て済みの形で配送されてきました^^
プリンタならではのサポートもキレイに削り取られ、
組み立てるための蝶ネジなども組み付け済み。
おまけにロボットの表情を決めるシールまで添付してありました。

以上を踏まえると、相当お安い価格すぎて、
赤字が心配になってくるので、
値段改変しやすいように、ここではいくらでした!とは書きません。
相当お安かったですが。
当人も商売というより、知り合いで欲しい人が居れば、
かかる費用さえ負担してくれれば譲りますよ的なススタンス
なのだと思います^^

ちょっと癖があるというか難しい部分もあるので、
数回作ってみたり、兄さんの公開してるやり方等を参考にした結果、
このやり方がいいんでない?とたどり着いた方法を解説してみたいと思います。
もちろん大量生産じゃなければ、普通に作れるので、
参考になればと思います。


<まずは材料、用意するもの>
100均の3~4つ入ってるような、お安い瞬間接着剤。
欲しい番手のペーパー
つまようじ(竹櫛でも可能だが折らないといけない分面倒くさい)
薄い両面テーム’(ぼくは1.5cm幅使ってます)
サインペン
定規
切れ味が落ちても構わないはさみ
デザインナイフ
マスキングテープ
ピンバイス(1.5mmくらい(うろ覚え)のドリル)
つまようじヤスリロボ

まずは、
ヤスリロボに差し込む紙やすりを、
差し込める幅である9.4cmにカッターでちょっきんします。
同じく0.3mmプラ板もちょっきんです。

次に、その9.4cmの幅のプラ板の先端から
両面テープの幅(この場合は1.5cm)に、
軽く切れ込みを入れておきます。
サインペンで線をひいておくだけでもいいけど。

そして、ロボの差し込む場所に差し込み、
念のためずれないように軽くマスキングテープで留めておきます。


次に爪楊枝ですが、
ぼくみたく、竹櫛しか用意できなかった人は、
竹櫛をそのままつっこんだら長すぎて、
重心の不安定さに固定が難しいと判断。
爪楊枝くらいの長さにパキパキと、生産分あらかじめ折っておくハメに。
普通に爪楊枝使うのをオススメしますw

そして、ガイド(溝)につまようじを並べていくわけですが、
ここにもコツがあって、
先に平面で並べて、抑えパーツで抑えながら任意の角度に起こすのではなく、
逆に、先に任意の角度に起こし、
抑えパーツも閉じて、さらに抑えパーツの左端側は、
テンションがかかってないので、マスキングテープでしっかりと仮止めしちゃいます。
その上で、爪楊枝を全部の穴に「挿しこんで」いくパターンをオススメします。

挿してから起こすと、テンション不足で爪楊枝が外れるのと、
爪楊枝の先端の着地が、場所によってバラバラになるので、
立ち上げた後、先端を揃える必要性が生じてくるわけなのです。
先に立てると、着地地点は案外ばらつかず、その修正は容易なのです。


次に、プラ版の着地点が。差し込んだ一番はしっこから、
先ほど線を引いた1,5cmまでの間の、1/4くらいの位置に着地してるのが理想的です。(理由は後述)

で、だいたい位置が決まったら、その先端着地位置に、
サインペンですべて点を打って、一度プラ板を抜き取ります。

抜き取ったプラ板の点から、1.5cm幅に引いた線まで、
3/4ほどの距離があいてると思うのですが、
今度は線側から、1/4の位置に、隣の先ほど打った点とだいたい平行になるように、同じくサインペンで点を打ちます。
すぐとなりくらいなら、そんなに誤差出ないでしょ?^^

次に、その点にピンバイスで穴を開けていきます。
最終的にこの穴に爪楊枝を突っ込んで瞬間接着剤を充填して留める事になります。
穴があることによって、「接合しろ」が増えて固定力が上がり、
また接着剤充填時にも、穴の外まで爪楊枝が動かなくなるので作業がし易いです。

穴を開けたら、開けた後を軽くヤスリで均し、
裏側にあたる面に両面テープを一枚貼って、1.5cm分だけペーパーを貼り付け、
再び治具に差し込んでいきます。
先に貼り付けてしまうと、ペーパーにも穴が空くので順番に注意ね^^


爪楊枝を少し浮かせながら、元の位置に差し込んだら、
当然爪楊枝の先端が、先ほど開けた穴に入ってると思います。

つまようじヤスリ

そこにこんもりと瞬間接着剤を流し入れていきます。
これで位置関係はバッチリとなったら、最後に硬化スプレーを一吹き。

あとは治具から取り出し、穴と、爪楊枝を突っ込んだ穴との間にサシを当てて、
カッターで切込みないし、サインペンで線を引いて、
最後にはさみで切り離します。
瞬間接着剤で凸凹して、カッターで切りづらいので、ハサミ推奨。

すると20本以上がくっついた爪楊枝ヤスリの固まりが出来上がるので、
今度はそれを一つづつ、
間にカッターを入れて「押し切る」ようにして、分断して完成です^^

つまようじヤスリ2


実際使うときには、その場所に応じて、
先っちょを二等辺三角形になるように押し切ったり、
超ちっこい正方形にしたりと、専用の使いやすい大きさに調整して使うといいです^^
ちなみに、もう一段開いた穴はそのままにして置いておきます。
次回作るときに、こんどは差し込まないで、
いきなりその穴をガイドに、隣にサインペンで印をつけれるからです^^
楽ちんになるはずw


以上、反り防止にプラ板をも使った方法を紹介しましたが、
もちろんペーパーだけでも作れます。
その場合は、全体に瞬間接着剤を塗ってやると、
乾燥時に硬くなって反り防止にはなる
と思います。

あやねくんのこの治具を購入したけど使い方のコツがわかんない方、
また、あやねくんがこれを見た時に、
かさばる兄さんは、こうやって使ってるのね!と参考になるように書いてみました^^
普通に一本作るとかでも、この記事から読み取れるコツは多いと思うので、
良かったら作ってみてくださいね^^
一本ならすぐにできちゃいます^^

つまようじヤスリ、
使ってみたらその効果に驚くよ!!!

週末はFinoさんと遊んでる(予定)でーす^^
(遊んできましたwくわしくはFinoさんのブログ参照^^)




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2018/10/15 20:00] | おすすめツール | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
KCF2018に参加してきたよヤァヤァヤァ!(後半)

今月は二回も3連休があって幸せ^^
ちなみに来月も3連休ありますな^^
すでに模型的イベントをぶちこんでありますw

さてと。
こないだは台風夜来レギュラーがあって記事が前後してますが
今回は(今頃)KCFの後半記事になります
6/23日だったんですねーw(遠い目)
では行ってみましょう!


会場から徒歩で歩いて日本橋に。
雨も止んでいて歩きやすい。
ほぼ一本道で迷うこともないのがグッド。
(ちょっと記憶があやふやですが)
とりあえずVOLKSに寄ってマテリアルなどを見て、
そのあと中古模型店エイトフォールドへ。
ここでとみさぶろうさんやあやねさんとは、
荷物の関係でいったんお別れ。

その途中かめしんさんに美味しそうな洋食屋さんを教えてもらった。
そこにあったメニューのとんでもうんちくを披露してみるが、
メンツも慣れてきたのか、かさばるさんの嘘にはひっかからないw
きぃいいw

エイトフォールドで散財^^
ロボチェンマンのジャンブーガラットが2000円であったのだが、
(これはエイトフォールドさんの値付ではなくレンタルスペースの値付)
むぅうとうなって今回はスルー。
後日、近所で変形するガラットを見つけて胸が騒いだが、
やはり高額すごるプレミアム価格に手を出せなかった;;
やはり、「お買い得」という部分が大阪人には大事(ぼくが貧乏なだけw)

結局、奥さんの視線と闘いつつ、
主に14roeさんが散財ww楽しんでもらえたようだw

その後、駿河屋という有名なお宝ショップが去年の年末に出来てるので見に行く。
価格的には平均値だけど品揃えがいい。
そこでRGの話してたら、Finoさんや豆さんも「わかるわかる」と参戦。
彼らのブログやTwitterでRGの記事を見かけた事ないので、
「記事にしてないけど本当はもっと組んでる」のがわかって良かったw
みんなきっとそうだよね!w

予約してる時間まであと少しとなったところで、
14roeさんの車に、荷物を置きに行くことに。
そこでかめしんさんはもう少し回りたい店があるとの事で離脱。

お安いオススメ駐車場、ヤマダ電機で荷物を降ろし、
歩き始めたところから時間計測開始。
店が閉まる前には出て行かないと、閉じ込められてしまうので、
今から行く店まで何分かかるのか調べておくのだ。

ほぼ予想通りの時間ぴったりに到着。
とみさぶろうさんのリクエストの串かつの店である。
ニッポ日の串かつ 横綱という店の、
なんばNGKすぐ横くらいの場所の店である。
交通の便も良く、駅まですぐである。
レートはやや高め、味は普通。
ただしパーテーションを切った個々のスペースがあるので、
多人数の時には便利。場所代と思えばレートの高さもそんなもんだろうと思える。

とみさぶろうさんは先にきていて、
あやねさんとかめしんさんを店先で待つ。
ほどなくかめしんさん到着。
とみさぶろうさんの娘さんふたりと少し会話。身長の話になって、
あたしの方が高い、いやあたしの方が高いよ〜と、
ふたりで争って、ぴょんこぴょんことジャンプを始める。
なんだこのかわいい生き物www

やがてあやねさんもやってきて、
全員集合して店に入っていく。
上の座敷の最奥に案内され、メニューを拡げて、
あれだこれだと注文する。

注文が煩雑になるので、途中から、
牛串いる人!ハイ!みたいに、
メニューを申告してそれに対して挙手するという議会制注文方を編み出す。
店員さんの目が「天才か!」と笑いながらも語ってるw

しばしして、品が届くが、

♪どれがどれだかわかんない(夢見る少女じゃいられない)

二つのテーブルにまたいで座ったのだが、
皿の上でテーブルごとの区別をしてくれてないので、
混沌としてる。
もうわからんけど多分これだろ?と食べまくる。
一番おもしろかったのが、
途中で「そういやししゃもって来てないよね?忘れられてるんかなぁ?」と誰かが聴いたら、Finoさんが
「ああ、俺、さっき口に入ったで?」
「どんな見かけのやつ?」「忘れたwww」と皆で、
ししゃもどこだー?!ってロシアンルーレットみたいに、
ししゃも引くまで串を食べてると、

「こちらししゃもになりまーす!」と店員さんが
天王寺動物園の猿でも本能的に、
「あっ!ししゃもだ!」とわかる、
姿揚げのようになったししゃもを配膳w

ちょwww
Finoさん、何を食ってししゃもと思ったの?www
みんな爆笑www

あやねさんの3Dプリンターの話とか、いろいろ聞かせてもらたりして楽しく過ごす。
が、今回は、とみさぶろうさんは泊まるけど,
翌日子どもたちを連れてUSJなどに行くし、
残りも全員日帰りなので、時間制限がるんだよね。

さっき計測した時間から、限界点15分くらい前になって、
場が温まってきて、皆持ってきた作品を取り出すw
14roeさんのケミカルウッドで出来た巨大兵器には皆、興味津津w
マテリアルの不思議さといい、デカさといい凄いよね^^
ぼくもゆっくり見たかったけど、前回見せてもらってるので
今回はじめて見た人がじっくり見れるように我慢我慢。
なんせ時間が無い;;

豆さんも前回つくりかけていたキュベレイを持ってきてくれた。
かなりのディティールお化けで、
ラインバレルの作者の影響が多く看て取れる。
まだあまり掘り尽くされてない鉱脈なので、
かなりの力になるんじゃないかな。
年々精度が上がってきてて凄い。

かめしんさんもリヴァイヴマークVを持ってきてくれていて、
あの段階での隠し要素、「変形」を披露してくれました^^
リゼルに近いプロポーションへの変形は、
時期的にも「アリ」だと思えるので、
GBF的な突飛な設定では無く、けっこうリアルな「If」っを感じましたね^^
変形が意味を成さない展示会ではなく、
オラザクは写真審査なので、変形状態もアピールできるから
変形という隠し要素も、得点につながるのではないでしょうか?
果たして去年の点数を超えれるのか?

そうやって見せっこをしてるところに、最後の注文分が配膳される。
先ほど「天才か!」と尊敬の目で見てくれてたのに、
机の上に拡げられた模型に気付き、
明らかに目が「なんだこのキモイおっさんども」に変わったのをぼくは見逃さなかったwww
正常な反応だと思いますwww

それにしても時間がない。
マジでヤマダ電機が閉まりそうなので、
皆が盛り上がってる中、閉会を促して店を出ました。

そういや、店内であやねさんや豆さんからお菓子も頂きました^^
家で美味しくいただきましたよん^^
ごちそうさまでした!^^


とみさぶろうさん、あやねさんの宿泊組と別れ、
豆さんは深夜バスなので、確かあやねさんともう少しぶらつくって言ってたっけな。
残りメンバーで14roeさんの駐車場まで早足で歩く。
マジで閉めだされるううううw

なんとかヤマダ電機の立体駐車場まで到着。
そこで14roeさん夫妻と別れを告げると共に、
おみやげをいただいちゃいました^^
どえらいキットを、筆塗りでという課題もろともいただきました^^
そのうちブログに登場すると思いたいw
ありがとうございます。

そこから今度は地下鉄御堂筋線に向かい、
Finoさんは新大阪まで、かめしんさんは途中までだったので、
切符を買った後のナビをかめしんさんにお願いして、
ぼくも南海本線の電車に乗って帰路につきました。

ちなみに。

Finoさんは新幹線には間に合ったけれど、
到着時間が遅かったので、名古屋県で電車が無くなり、
仕方がなくデカイ駅で、カプセルホテルかネカフェかに泊まったそうです。
なるほどなぁ。

それ考えると、次回は相当早く切り上げるか、
どうせ泊まるなら大阪で泊まる、が正解だろうなぁ。
覚えとこう。

帰りに、一番気になった作品は?と、
かめしんさんに聞かれ、
ぼく自身が思ったのは、やはりインパクトや印象の強さを重視して見てるという事。
キレイや丁寧な工作は、もちろん自分にないスキルで憧れや、
キレイだなーとは思うんですが、KCFクラスだと、
皆が高いレベルで並んでいるので、キレイなだけでは、
印象としては突出してきにくいんですよね。
もはやある程度の綺麗さは「当たり前」で、
その上での、「人の印象に残る」という事をしっかり考えてる作品こそが、展示会では華となるんじゃないか?というような話をさせていただきました。

そして鬼が笑うけど軽く来年の話。

正直、KCF本体よりもそのあとの
串カツ屋での歓談と見せ合いっこの方が楽しかったんで、
来年はそちらに時間を割きたいと思ってます。
(ぼくは)次回は出展せずに、観覧だけして、
最後まで居ずにその場を離れ、
同じ動きをする方が居れば、買い物>歓談に多く時間をかけるつもりです^^

今回思ったのは、やはりKCFはメインの6サークルの展示会で、
当日参加は、前回もそうですが、そもそも見てもらえてない感じが強いので、
もしも皆さん参加されるなら、皆でお金出し合ってスペースを正式に取ってからの参加がいいと思いますよ。
入場も1時間くらい早いので、設営>観覧までも早くなりますしね。
あと照明問題で、見えないところに並べるハメになるのはやはり辛いと思いますよん。

ぼくはさっき言った件と、
あと今回の参加で某モデラーさんに少し嫌がらせを受けたので、
参加する気が完全に失せてますけどね。
いい年こいてしょうもない奴っているんだなぁ。
そいつとは二度と関わらんよ。

今回は、展示会自体より、
見せ合いっこの楽しさに目覚めた、そんな感じの話でした〜w



追記。
ちなみにこの記事、一度全部消えて書きなおしてます;:
ローカルで入力時に、セーブする間もなく突如マックが落ちよったw
やる気なくなるわwww

そして、9/30
またもや台風が上陸予定です。
本来ぼくの所は18:00着弾のハズなんですが、
21:00になっても乗っからないくらい遅れてる。
・・・という事は長時間、直上に居座られるのでは?w

例によって避難勧告仏契りで家に立てこもっておりますw
心配してメールをくれた皆さん、ありがとね!
数時間後、おそらくまた、停電とインターネット難民の刑に処されると思います^^;
前回は月の初めだから4G使ってても速かったけど、
今回はマジの最終日だから、4Gに制限かかってて遅いんだろーなー・・・
(ちあみに前回docomoは、4Gの重量制のアギトを解放してくれてましたので
dokomoユーザーは多分大丈夫ですw)


生きていたら、また会おう!!!w



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2018/09/30 19:04] | KCF2018 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
| ホーム | 次のページ>>